月間所得30万円の自営業者にも医療保険は不要~保険以外の手段で備えることも重要

更新

医療保険が不要であることを証明する連載 第21回です。

前回は、 教師や公務員に医療保険は不要!充実の福利厚生で医療費の自己負担はかなり安く済む という話でした。

今回は、自営業者にとっての医療保険の必要性を考えます。

まず最初に:本記事中の入院費用試算の前提などについて

今回は、自営業の方の入院費用について‥

  • 35歳、月間所得30万円、食費3万円/月、お小遣い1万円/月
  • 保険診療しか受けない
  • 傷病手当金は支給されない
  • 入院開始後1年半を経過した時点から障害基礎年金(2級)を受給する
  • 子供は二人で、いずれも障害基礎年金の加算対象となる

という前提で計算し、それに基づいて医療保険の必要性を判断します。

計算の考え方・高額療養費・傷病手当金への理解が必要です。以下の記事には必ず目を通して下さい。

医療保険の必要性については、以前に書いた通りなのですが‥

今回は「医療保険が不要」だということを、自営業者にスポットを当てて、より一層具体的に説明する回となります。

入院中も普段と同じくらいの収入が見込める自営業者には、医療保険は不要

自営業者の稼ぎ方は人それぞれです。

稼ぎの性質によって、入院中の収入減の金額が違ってきます。

不動産収入や株式の配当投資などの不労所得は、入院しても収入減が発生しません。

労働による所得でも、入院中に働くことが可能な場合は、入院による収入減はそれほどでもありません。

例えば、ウェブサイトを運営して広告収入を得る仕事は、少々仕事を休んだからと言ってすぐに収入が減ることはありません。そのうえPCさえあれば入院中もある程度は働くことが出来ます。

このようなケースでは入院中の収入減はさほどではなく、入院費用はとても小さくて済みます。

※この記事では、入院費用を「 入院による家計のダメージ 」という意味で使っています。

障害基礎年金をもらい始めると、入院費用はかえって減少していきます。

公務員や教師が入院した場合よりも、入院費用は少なくすみます。

入院中に収入減が起きない自営業者には医療保険は不要です。

入院中に無収入になる自営業者は、ケガや病気が長引く場合に対する備えが必要

労働によって所得を得ている自営業者が、入院中に全く仕事ができなくなる場合は、入院によって無収入になります。

たとえば、土建関係の職人(一人親方)がそうです。

私の親族にも何人かいるのですが、一人親方が入院すると大きく収入が減ります。入院が長期に渡ると大変です。

3年間入院すると1,000万円を超える入院費用が発生しますね。。。

入院中に無収入になる自営業者は、ケガや病気で長期に渡って働けなくなる事態に対して備えることが必要です。

しかし医療保険に加入しても救われないので、医療保険は不要

ケガや病気で長期に渡って働けなくなるリスクに対しては、医療保険で備えるのは得策ではありません。

ケガや病気による就業不能状態が長期間続いたとしても、普通は入院期間はわずかしか無く、入院せずに自宅療養している期間が圧倒的に長くなります。

医療保険は入院を条件として給付金を支給する保険なので、入院期間についてしか助けの手を差し伸べてくれません。

自宅療養期間については、医療保険から見殺しにされるのです。これでは困りますよね。

この辺の事情は、月収30万円の会社員にも医療保険は不要~医療保険に加入しても救われないで書いたことと同じです。

ケガや病気が長引く場合に保険で備えるなら、就業不能保険や所得補償保険

自営業者が、ケガや病気に保険で備えるなら、医療保険ではなく就業不能保険や所得補償保険を利用するべきです。

就業不能保険や所得補償保険は、「怪我や病気で働けないために所得が減少した状態」であれば、入院していなくても保障してくれるからです。

ケガや病気に対しては、保険以外の手段で備えることがより重要

自営業者やサラリーマンなど、現役で働いている人がケガや病気に保険で備えるなら、就業不能保険や所得補償保険が適しています。

しかし、ケガや病気に備える方法として保険のことだけを考えるのは間違っています。保険以前に貯蓄や借入でなんとかする方法を考えてみるべきです。

さらに言えば、ケガや病気への対策として、緊急資金の準備のことばかり考えるのも間違っています。

まずケガや病気にならないように気をつけることが大事です。当たり前のことですね。

次に重要なのは、ケガや病気になっても所得を失わずにすむような仕組みを作ることです。

ケガや病気になっても所得を失わずにすむような仕組みを作る

この記事の前半で、私の親族に土建関係の一人親方が何人かいるという話をしました。

彼らは、40歳になる頃までには、ケガや病気になっても所得を失わずにすむ仕組みを整えています。

と言っても、弟子を雇用して一人親方から卒業するだけなんですが、これをやるだけでケガや病気で所得がいきなり途切れることはなくなります。

私も自営業者ですから、もちろん、ケガや病気になっても所得を失わずにすむ仕組みを考えていますよ。

それが「ウェブサイトを運営して広告収入を得る」ことなんです。これもケガや病気でダメージを受けにくいです。

これもこの記事の前半で少し話しましたよね。

方法はいろいろありますが、ケガや病気になっても所得を失わずにすむような仕組みを作ることは、保険を検討するより重要ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です