月間所得30万円の自営業者にも一般的な医療保険はほぼ要らない~入院ダメージも試算してみました

更新

1級ファイナンシャルプランニング技能士の@web_shufuです。妻は公務員(教師)です。

先日は、妻に医療保険を掛ける必要があるかどうかについて考えました。

今回は、私のような自営業者が医療保険に入る必要があるかどうかを考えてみます。

月間所得30万円の自営業者が60日間入院した場合に家計が受ける影響を試算すると、次のようになります(単位:万円)。

費目 不労所得中心 労働所得中心
医療費 27 27
食費 6 6
お小遣い -8 -8
収入減 0 60
合計 25 85

※医療費については、保険証の利く範囲でしか治療を受けない前提で、計算しています。

私はウェブサイトの運営で収入を得ているため、入院中も普段とあまり変わりなく収入があります。上の表で言えば「不労所得中心」のケースです。

我が家としては、保険証の利く範囲で治療を受ける限り、私に医療保険をかける必要はないと判断しました。

以下で詳しく見ていきますが、皆さんが医療保険を判断する際の参考になれば幸いです。

医療費の支出増

自営業者が加入する国民健康保険にも高額療養費制度はあります。

月間の事業所得が30万円の自営業者の場合、区分ウにあたります。

1か月の総医療費が100万円かかったとしても、自己負担額は9万円弱です。

2か月間(足掛け3か月)入院したときの各月の医療費総額が100万円だったとすると、医療費自己負担額は約27万円(=9万円×3か月)と見積もることができます。

食費の支出増

入院中の食費は、サラリーマンと変わりありません。

病院食は2018年以降は一食当たり460円ですから、60日間の入院中にかかる食費は460円×3食×60日=82,800円となります。

普段の食費が15,000円/月だとすると、入院による食費の支出増は以下のようになります。

  • 82,800円-15,000円✕2=52,800円

食費の支出増は約5万円です。

お小遣いの支出減


入院するとお小遣いが不要になります。

この記事の冒頭の表では、お小遣いが4万円/月であるものとして、入院による支出減を計算しています。

60日間(2か月間)入院することで、4万円×2か月で8万円ほどの支出減を見込めます。

支出減は入院費用をマイナスするものとして計上します。

収入減

自営業者とサラリーマンを比較して、最も違いが大きいのが入院による収入減です。

サラリーマンには傷病手当金が出ます。60日間の入院中も普段の2/3に当たる収入が確保されます。

しかし自営業者には傷病手当金がありません。

労働所得が中心なら、入院中に2か月分の収入を失うケースも

入院中に仕事ができなければ、60日間入院すれば60日分(2か月分)の収入を失います。

月収30万円の自営業者なら、入院による収入減は60万円となります。

ウェブシュフ妻
それは結構痛いわね。

不労所得は入院しても収入は減らない

しかし、事業内容によっては、入院中にも収入減は起きません。

例えば私の場合、ウェブサイトの運営が主な事業内容ですので、入院中もウェブサイトから不労所得が発生します。

実際、私は2016年2月に盲腸で入院したのですが、入院による収入現象は全く起きませんでした。

自営業でも一般的な医療保険が必要な方はあまりいない

保険を売る方の中には、

保険のプロ
自営業者には傷病手当金がないから、医療保険に入った方がいい。

という方もいますが、この言葉は鵜呑みにしてはいけません。

保険が必要かどうかは、あくまで自分が入院した場合のシミュレーションに基づいて判断するべきです。

一般的な医療保険が補償してくれる程度の短期入院なら、医療保険に入らなくても、人並みに貯蓄があれば十分乗り切れます。

長期入院が心配ですが、医療保険は長期入院に対してほとんど役に立ちません。

「医療保険は原則として入らない」と考えるくらいでちょうどいいです。我が家はそう考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です