カテゴリー
TOP»保険»医療保険は不要»

月収30万円の会社員に医療保険は不要

連載:医療保険は不要? 第20回です。

前回は、教師や公務員に医療保険は不要!充実の福利厚生で医療費の自己負担はかなり安く済む でした。

今回は、サラリーマンにとっての医療保険加入の是非を考えます。

サラリーマンは医療保険に入っていても救われません。

医療保険に入るくらいなら、所得補償保険や就業不能保険に入るべきです。

その理由をお話します。

まず最初に:本記事中の入院費用試算の前提などについて

今回は、シャープ社員と一般企業社員(全国健康保険協会加入)について、

  • 35歳、月給30万円、食費3万円/月、お小遣い1万円/月
  • 保険診療しか受けない
  • 傷病手当金支給終了後は障害基礎年金(2級)と障害厚生年金(2級)を受給する
  • 配偶者と子供二人がいて、いずれも障害年金の加算対象となる

という条件で、入院費用の試算をし、それに基づいて医療保険加入の是非を考えます。

入院費用の計算にあたっては、計算の考え方・高額療養費・傷病手当金への理解が欠かせません。まず以下の記事に目を通して下さいl。

また、医療保険加入の是非については、以下の記事に書いた通りです。

実は、入院費用を試算するまでもなく、保険診療しか受けない限りにおいては、医療保険に加入する必要は、なかなか見出しにくいものです。

今回はそのことを、より一層具体的に説明する回となります。

一般企業社員にとって、医療保険の魅力は大きくない

まず、一般企業社員(全国健康保険協会加入)について、入院費用を試算します。

先程の「入院費用試算の前提条件」に沿って試算すると、入院費用は次の通りになります。

※この記事では、入院費用を「 入院による家計のダメージ 」という意味で使っています。

入院費用は、入院期間が1年半を超えると300万円を超え、入院期間が3年を超えると700万円近くかかります。

このデータを示した上で「医療保険が必要とは言えない」と言うと「頭おかしいんじゃないですか?」なんて言われそうですね。

でもやっぱり 、医療保険は「必要とは言えない」 のです。

医療保険は、病気や怪我で長期間働けないときに役立たない

よく考えて下さい。

病気で1年半以上または3年以上働けないときって、その間ずーっと連続して入院しているでしょうか。

そうではありませんよね。

就業不能状態が続いていても、入院している期間はわずかで、残り期間は自宅療養しているものです。

ここでもう一点、よく考えてみて下さい。

就業不能で自宅療養している人が医療保険に入っていたとして、救われるでしょうか。

救われませんよね。

医療保険は入院を条件として給付金を支給する保険なので、 就業不能で自宅療養中の方には、救いの手を差し伸べてくれません。

自宅療養でも入院時と同じくらい費用はかかるのですが、医療保険は自宅療養中の就業不能者を見殺しにするのです。

見殺しにすると言っても、保険会社は最初から救うなんて約束していませんから、医療保険に入ってしまった自分を恨むしかありません。

長期間働けない場合に備えるなら所得補償保険や就業不能保険

怪我や病気で働けずに収入が減る状況が長く続く場合に備えるなら、医療保険以外で何とかしなければなりません。

こういう状況には、貯蓄や借入で備えるべきですが、それで足りずに保険で備えるなら、医療保険よりは所得補償保険や就業不能保険です。

我が家には会社員はいませんが、公立中学教師の妻は、長期就業不能状態(主にうつを想定)に備えて所得補償保険に加入しています。

ただ、この種の保険には、保険金が支給されるための条件が異常に厳しいものもあるので、加入を検討するなら最新の注意を払うべきです。

企業によっては、福利厚生や健康保険が充実している

このブログでは、福利厚生や健康保険が充実している大企業の代表として、シャープの例をよく使います。

今回も使わせていただきますが、全国健康保険協会に加入する一般企業社員に比べて圧倒的に恵まれています。

この状況で、医療保険に加入する必要はあるでしょうか?

家計の状況次第ですが、シャープ社員にとっては、医療保険どころか所得補償保険や就業不能保険すら、魅力を感じないものとなるかも知れません。




記事作成者: 中川 勉

社会保険労務士、FP(1級ファイナンシャル・プランニング技能士)。兼業主夫で妻は公立学校教師。人生100年時代を生き抜くために、日々、勉強中です。

「月収30万円の会社員に医療保険は不要」への3件の返信

実際アラフィフで入院中です。とってもわかりやすくて判断材料となりました。高額療養費の計算で60日入院だと3倍でなく2倍ではないでしょうか?

藤本さん、コメントありがとうございます。

高額療養費の計算における月数は「足掛け何か月の入院となるか」で考えます。

60日入院だと、殆どの場合は足掛け3か月の入院となります。そのため、本記事では3倍で計算しています。

ただし、月の初日から60日入院した場合などは、足掛け2か月の入院で済みます。その場合は2倍で計算します。

このような計算が不要なほど、早々にご快癒されますよう、お祈りいたします。

ありがとうございます。月をまたぐ事がないよう、何としても月末までに退院とのモチベーションになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です