医療保険が不要であることを証明する連載

更新

次の記事を見ていただければ分かりますが、医療保険が不要であることは明らかです。

「医療保険が不要であることを証明する連載」と銘打ちましたが、実は連載第1回にして証明は完了です。

不要である医療保険に安易に加入して、キャッシュフローの期待値を悪化させるべきではありません。

どうしても医療保険に加入すると言うなら、 病気やケガが家計にもたらすダメージ金額を測定し、その上で判断を下すべきです。

そこで、連載第2回以降では、 病気やケガが家計にもたらすダメージ金額に大きな影響をもたらす公的医療保険について書きます。

公的医療保険と民間医療保険

医療保険には、公的医療保険と民間医療保険があります。

公的医療保険には多くの種類があり、種類ごとに保障内容の手厚さが大きく違います。自分が加入する公的医療保険をしっかり確認してください。

不要なのは民間医療保険の方です。

公的医療保険は国民全員が強制的に加入させられます。選択の余地はありません。

ですから、医療保険に加入するかどうかという選択が問題になるとき、医療保険とは民間医療保険のことを指します。

以下、単に医療保険という場合、民間医療保険を指すものとします。

公的医療保険の保障内容

医療保険に入るなら、公的医療保険の保障内容では足りないところを医療保険で補う形で利用するのがいいでしょう。

公的医療保険の主要な保障内容は以下の通りです。

公的医療保険の保障が及ばない範囲についても抑えておきましょう。以下で説明します。

差額ベッドや先進医療などは、公的医療保険の保障対象外

公的医療保険は、科学的に治療効果と安全性が確認された医療にしか、お金を出してくれません。

差額ベッドは、治療効果や安全性とは関係ないので、公的医療保険の給付対象となりません。

先進医療や患者申出療養は、効果と安全性を確認するテスト中である医療です。したがって公的医療保険の給付対象とはなりません。

公的医療保険の保障内容を考慮して、入院による家計へのダメージを見積もる

公的医療保険の保障内容を把握したら、入院した場合の家計シミュレーションを行い、入院による家計へのダメージを計算します。

ダメージを見積もると、医療保険がどうしても必要という状況は見当たらない事が分かります

上記の計算方法で、様々なケース別に入院による家計へのダメージ金額を計算すると、医療保険が必要という状況が見当たらない事が分かります。

老後も医療保険は不要です

入院による家計へのダメージをシミュレーションすると、老後においても医療保険が必要だという状況は見当たらないことが分かります。

老後の医療費は貯蓄で調達することを目指すべきです。

参考:入院に関するデータ

医療保険について考えるなら、入院する確率や入院日数について、知っておいたほうがいいです。

医療保険は不要なだけではなく、いざというときに役立たない

これまで再三書いた通り、医療保険には必要性が見当たらないので不要です。

その上、医療保険に加入しても、いざというときに頼りになりません。

それでも医療保険に加入したいですか?

私は、ごく一部を除いて、医療保険には加入していません。

医療保険は不要なものです。

その上、医療保険に加入すると、キャッシュフローの期待値を下げます。

さらに、いざというときに医療保険は役立ちません。

私は医療保険にほとんど加入していません。

私があえて加入している医療保険は、現在は、海外旅行保険のみです。

海外旅行中に医療を受けると、日本では考えられないほど費用が莫大になるケースがあります。

そこで、 海外旅行に行くときだけ海外でかかる医療費を補償する海外旅行保険に入ります。

海外に行かなければ海外旅行保険は不要ですが、私は敢えて海外旅行に行き、本来不要である海外旅行保険に加入します。

また、先進医療特約目的で、医療保険に加入していたこともありました。今はもう加入していませんが。

あなたはそれでも医療保険に加入しますか?

医療保険は必要不可欠なものではありません。

その上、医療保険への加入は、将来における家計のキャッシュフローの期待値を下げてしまいます。

そこまでして医療保険に加入する価値があるのでしょうか?