TOP»保険»

連載:医療保険は不要?

このサイトで医療保険と言う場合、 特に説明がない限りは、入院保障と手術保障のみからなるシンプルな保険商品(民間医療保険)を指すこととします。

当然ですが、医療保険の加入は自由(任意)です。医療保険に入る必要はありません。したがって医療保険は不要です。

また、民間保険会社の保険に入ると、その分家計のキャッシュフローの期待値は悪化します。

医療保険は、入院リスクへ対処するための選択肢の一つ。熟慮の上で、医療保険に入った方がいいと思うなら加入すればいいし、そうでないなら加入しなければいいのです。

以下、熟慮に役立つ記事をこの連載で提供します。皆さんの参考になれば幸いです。

医療保険は不要で、かつ、高い買い物

保険は人生で2番目に高い買い物と言われますので、安易に加入してはいけません。お金がないならなおさらです。

医療保険に入るかどうかは、病気やケガが家計にもたらすダメージの金額を試算した上で、慎重に決めるべきです。

それには、健康保険や国民健康保険などの公的医療保険、その他の福利厚生についてよく知ることが大事です。

まず、公的医療保険の保障内容を把握

まず、自分が加入する公的医療保険をしっかり確認してください。

そのうえで、加入している公的医療保険の内容を、しっかり把握してください。

差額ベッドや先進医療などは、公的医療保険の保障対象外

差額ベッドには治療効果がないので、公的医療保険の給付対象とはなりません。

また、先進医療や患者申出療養も、治療効果と安全性をテスト中(つまり未確認)の医療なので、公的医療保険の給付対象とはなりません。

入院による家計へのダメージを見積もる

入院による家計へのダメージを見積もると、医療保険がどうしても必要という状況は、やはり見当たらない事が分かります

老後も「医療保険が必要だ」とは言えない

入院による家計へのダメージをシミュレーションすると、老後においても、医療保険は不要だとわかります。

老後の医療費は貯蓄で調達することを目指すべきです。

参考:入院に関するデータ

医療保険は、いざというときに役立たない

実は、医療保険に加入しても、病気で破滅的な損害を受けたときにはほとんど頼りになりません。

それでも医療保険に加入したいですか?

私は、ごく一部を除いて、医療保険には加入していません。

最初にも書いたとおり、医療保険への加入は、そもそも不要であり、家計のキャッシュフローの期待値を引き下げてしまいます。

また、一般に、入院による家計へのダメージは大したことはありません。

そのため、私は医療保険加入に対して極めて否定的です。

しかし、旅行中の医療費を補償する海外旅行保険には、海外旅行のたびに加入しています。

海外で医療を受けると、医療費が莫大なものになり得るからです。

あなたはそれでも医療保険に加入しますか?

私は、海外旅行時を除いて、医療保険には入らないほうが良いと思っています。

最初にも書いたとおり、医療保険への加入は、そもそも不要であり、家計のキャッシュフローの期待値を引き下げてしまいます。

保険でカバーされない類の経済的苦境に陥ったとき、「なんでオレ、こんな保険に入っちゃったんだろ?」と後悔するものです。

「先行き後悔するかもしれないけど、それでもなお医療保険に加入する価値がある」と考える人は、医療保険に入ればいいですが、私はそのように考えることができません。