教師や公務員に民間医療保険は不要かも!充実の福利厚生で医療費の自己負担はかなり安く済む

更新


1級ファイナンシャルプランニング技能士の@web_shufuです。妻は公務員(教師)です。

妻にかける医療保険の必要性を見つめ直した結果、

ウェブシュフ
教師や公務員の場合、先進医療などの保険外診療を求めなければ、医療保険が不要な人が多い。

との結論に達しました。

教師や公務員が民間医療保険に何となく入っていたとしたら大損です。その分貯金すべきです。

医療費の自己負担は3割だけど…

医療費の自己負担割合は原則として3割です。残りは公的医療保険から支払われます。

※ ここで言う公的医療保険とは、もちろん民間保険会社の保険商品のことではありません。国民健康保険・各企業の健康保険組合・共済組合などを指します

重い病気になって、一月の入院治療費が100万円になった場合、自己負担は30万円で、残りの70万円は公的医療保険から支払われます。

「医療費の自己負担は3割」というのはわかりやすく有り難い仕組みです。

しかし、これだけだと、重い病気で長期入院したときなどに一体どこまで医療費が膨らむのか不安になります。

高額療養費制度で医療費自己負担分は実質3割未満に

この不安を解消するために高額療養費という制度が整えられています。

公務員・教師の加入する共済組合では、高額療養費制度にさらに上乗せする形で手厚い補償(付加給付)を行っています。

さらに、公立学校の教職員に対しては、教職員互助会(教職員互助組合)からの医療費補助も充実しています。

病気やケガをしたとき|給付|一般財団法人 三重県公立学校職員互助会を見ると、一医療機関に対する一月の自己負担額は5,100円を超えないことがわかります。

三重県の公立学校教職員以外でも、公務員には勤務先ごと・職種ごとの互助会が存在し、そこから医療補助を受けられるケースが多いです。

互助会からの医療費補助を考慮すると、医療保険に入る必要性はさらに下がります。

教師や公務員は病気休業中の所得補償も充実

教師や公務員は、病気で働けなくなっても、1年半は給料支給、その後2年間は傷病手当金等が貰えます。

公務員といえども勤務先によって多少ばらつきはあるかもしれませんが、一般の方に比べてこれは恵まれています。

医療保険に入る必要性がますます見当たりません。

保険診療しか受けないなら、教師や公務員に民間医療保険は不要

夫婦で検討の結果、我が家では「保険診療しか受けないなら、教師や公務員に民間医療保険は不要」と言う結論を出しました。

現役時代は保険診療に対する保険は不要

私の妻のように公立学校の教師は、高額療養費制度に加えて付加給付や互助会からの給付も充実しています。

ウェブシュフ妻
定年までの間に保険診療に備えるための医療保険は必要ないわね

という結論になりました。

定年後も医療費で家計が破滅するとは考えにくい

退職して年金生活になった時、ひと月当たりの医療費が最大どれくらいになるかは、高額療養費制度を調べればわかります。

定年まで教師だった人が年金生活に入ると、下の表の区分エ(年間所得210万円以下)に該当することが多いです。月当たりの医療費の上限が57,600円です。

70歳未満の高額療養費

1年間入院し続けても、医療費の自己負担は70万円未満だとわかります。

次に、70歳以上になった場合ですが、下記②に該当することが多いです。月当たりの医療費の上限は44,000円ですね。

70歳以上の高額療養費

1年間入院し続けても、医療費の自己負担は53万円未満だとわかります。

夫婦とも教員の場合「老後の医療費が家計を破滅させる」ことなど、一般的にはとても考えにくいです。(ライフプラン表をきちんと立てて、自分の場合はどうなのかを判断することが大切です。)


実際、医療費で破産したという話は、お聞きになったことはないと思いますし、私も聞いたことはありません。

水準以上に恵まれている公務員では、医療費による家計破たんはほとんどないでしょう。

入院期間は想像以上に短い

1年入院することなどめったにありません。

ガンの入院期間も意外に短いですね。

精神疾患でない限り、入院は長期化しにくいことがわかります。

精神疾患の入院が長期化しているのは、患者の家族が患者を精神病院に閉じ込めるような形で入院させているケースが多いからです。

今は精神疾患も在宅医療が中心です。

精神疾患の在宅医療に対しては、高額療養費制度に加えて、さらに手厚い支援システムがあります。

まず、医療費自己負担額抑制システム(自立支援医療)が用意されています。

統合失調症などで、医療費が高額な治療を長期間にわたり続けなければならない場合は、月々の医療費自己負担額の上限は20,000円に抑えられます。

また、医療費が高額な治療を長期間にわたり続けなければならない場合は、月々26,000円の特別障害者手当も受給可能です。

このあたりを考慮すると、たとえ治療が長期に渡る精神疾患に罹ったとしても、「老後の医療費が家計を破滅させる」ケースは考えにくいです。

民間医療保険に一切加入しないという選択は合理的

結局のところ、老後の医療費が家計を破滅させるケースはとても考えにくいです。

老後の医療費支出は「めったに起きないものの、ひとたび起きれば家計を破滅に至らしめるような事故」ではありません。

ですから、医療保険に一切加入しないというのは、とても合理的です。

先進医療など、保険証の効かない医療を受けたいなら民間医療保険で備えるべき

保険証のきく範囲でのみ医療を受ける場合は、老後の医療費が家計を破滅させるようなことはありません。

しかし、難病にかかって、保険証の効かない先進医療に頼るとなると話は別です。

先進医療を使うしかない状態に追い込まれるのは「めったに起きないものの、ひとたび起きれば家計を破滅に至らしめるような事故」の典型

先進医療に頼るしか病気の治療手段がないというケースは滅多にないです。

しかし、先進医療には、一度の治療に対する自己負担額が数百万円に上るケースがあります。

先進医療を使いたくなるケースに備えるというのは、「めったに起きないものの、ひとたび起きれば家計を破滅に至らしめるような事故」に備える典型的な例になります。まさに民間保険の出番です。

先進医療に備えるなら医療保険に加入して先進医療特約を付けるしかない

以上のような考え方から、我が家では、先進医療に対してのみ保険をかけることにしました。

しかし、教師向けの団体保険に、そのような保険商品は今ありませんでした。

先進医療に保険で備えるには、医療保険に加入して先進医療特約をつけるしかありませんでした。

我が家は、先進医療特約をつけるためだけに医療保険に加入しました。

しかし、先進医療特約を付けていても、先進医療のすべてはカバーできません。

そこで、2017年以降は先進医療特約も利用しないこととしました。先進医療特約のためだけに最低限度で加入していた医療保険も解約しました。

民間保険を検討するなら一般の商品よりも、団体保険を優先するべき

さて、今は医療保険を利用していない我が家ですが、医療保険を利用していたころは、少しでもリーズナブルなものを血眼で探していました。

リーズナブルな保険を探すなら、鉄則として覚えておくべきことがあります。

それは、広く宣伝されている一般向け保険商品よりも、団体保険を優先することです。

公立学校の教職員をはじめとする公務員には、民間共済や民間保険会社から、一般商品より条件のいい団体保険商品がたくさん出ています。

我が家も教職員共済の団体医療共済「トリプルガード」を使っています。

その中で我が家が選んでいたのが教職員共済の団体医療共済「トリプルガード」です。今は解約しましたが、医療保険に入るとするなら、今でも「トリプルガード」を選びます。


40歳未満の方なら、年額保険料2,240円で、1,000万円まで保証してくれる先進医療特約がつけられます。(2017年10月11日調べ)

補償内容 保険料
入院保障日額1,000円 年額1,300円
先進医療特約1,000万円 年額940円

本当は先進医療特約部分だけにしたかったのですが、入院保障には最低一口(日額1000円)分加入しないといけないので、そこはしぶしぶ加入していました。

41~60歳の場合の保険料は以下の通りです。

補償内容 保険料
入院保障日額1,000円 年額2,950円
先進医療特約1,000万円 年額940円

一人当たりの年額保険料は3,890円、夫婦合計で年額7,780円ですね。

私はFPですから、教師の方に「どの医療保険がいいと思うか」と聞かれることも多いです。

そういった際には、

ウェブシュフ
「トリプルガード」で「入院保障日額1000円」と「先進医療特約」を組み合わせて加入するのが一番。

と回答させて頂いています。

とはいえ、ベストな保険商品は家計の状態と価値観次第でいくらでも変わるので、その点も併せてお伝えさせていただくのですが。

「トリプルガード」は90歳まで加入可能 「トリプルガード」は90歳まで加入可能です。60歳以降は保険料がぐんと高くなるのですが、それでも十分加入可能な金額です。

年齢 入院保障日額1000円 先進医療特約1000万円
~40歳 1,300 940
41歳~60歳 2,950 940
61歳~70歳 8,440 940
71歳~75歳 14,340 940
76歳~80歳 19,450 940
81歳~85歳 22,080 940
86歳~90歳 26,640 940

必要性を感じないのに、先進医療特約のためだけに支払っている入院保障部分の保険料が高いのは、納得いかないところです。

高齢になったら医療保険をやめてしまうのも一つの手です。

しかし、高齢になってからでも、保険料が高すぎて加入できないというほどではないですよね。

80歳でも、夫婦合わせて年間40,000円程度で先進医療に備えることができるのは、個人的には魅力だと思っています。

高齢になった時に、比較的安価な保険料で、高額な医療費の出費に備えることができるという点が、「トリプルガード」の魅力だと思います。

トリプルガードの不満な点

我が家は今のところトリプルガードに加入していますが、不満な点もあります。

それは、2016年からスタートした患者申出療養制度に対応していないことです。

それで少々心許なく思っています。

ちょこちょこ保険ショップを巡って「いい保険は無いか」と探しております。

まとめ

この記事はとても長くなりましたが、内容をシンプルにまとめると、以下のようになります。

  • 高額療養費など医療費抑制の仕組みが充実しているので、「保険証のきく範囲でしか医療を受けない」という人は、民間医療保険など不要なケースが多い。
  • 保険証のきかない医療も選択肢に入れるなら、家計を破滅させるほど高額になることもあり得るので、民間医療保険も検討が必要

我が家も、先進医療などの保険証のきかない医療を選択肢に入れているため、医療保険は検討中です。

しかし、満足に先進医療を補償する医療保険がないため、医療保険には今のところ入っていません。

我が家の結論は、家計の状態と夫婦の価値観が色濃く反映されたものであり、一つの意見にすぎません。

保険への対処は、各人が家計と価値観に向き合って、結論を出すしかないものです。

結論ではなく、結論に至るまでの過程を参考にして頂ければ幸いです

教師や公務員に民間医療保険は不要かも!充実の福利厚生で医療費の自己負担はかなり安く済む」への9件のフィードバック

  1. ひろちん

    こんにちははじめまして。

    主人が教師です。
    医療保険の見直しで立ち寄りました。
    トリプルガードも共済も調べまくり、現在終身医療保険を契約すべく探しております。
    最終、あいおい生命か、メディフィットリターンかで迷っております。
    なかなか保険には正解はないといいますが、本当です。
    また読みにきます。いろいろ教えてくださいね。

    1. ウェブシュフ 投稿作成者

      ひろちんさん、コメントありがとうございます。

      保険には万人共通の正解がないので、結局は自分で考えるしかないのが大変なところですよね。

      ひろちんさんがご自分で考え抜いて出された結論は正解だと思います。終身医療保険の選択が良い結果になるようお祈りします。

      このブログをご覧いただければ一目瞭然ですが、私の場合はいろいろ考えた結果、一部特約を除き我が家に医療保険は要らないと考えています。

      ひろちんさんとは意見が異なりますが、今後もブログで保険に対する考え方を頑張って書いていきます。参考になれば幸いです。

      ちなみに、最近の我が家では、患者申出療養への備えが話題です。⇒患者申出療養制度の登場で、治療費高額化に備える必要は高まった

      患者申出療養を特約で保障する保険の情報を集めに、保険屋さんに出向こうか考え中です。

  2. たけ

    妻が教員でわたしはサラリーマンですが、協会健保グレードが低く、脳ドックや人間ドックの助成金がないです。妻の健康保険で助成金を出してもらえたりとかはないでしょうか?

    1. ウェブシュフ 投稿作成者

      たけさんコメントありがとうございます。

      奥さんの扶養に入らないと、奥さんが加入している健康保険(共済組合)の恩恵は受けられません。

      私は自営業ですが、ドック関連は全額自腹で受けてます。

  3. とも

    夫婦で教職員です。医療保健によく勧誘されるので、勧められるまま少し入っておりますが、何が本当に必要なのかが分かってよかったです。今入っている保険を見直したいと思います。
    このだび、私が35歳になり、退職教職員互助会への加入を勧められています。このチャンスを逃すと後からは入れないそうです。入った方がいいと思いますか?

    1. ウェブシュフ 投稿作成者

      ともさん、コメントありがとうございます。

      保険の見直しのお役に立てれば幸いです。

      ところで、退職教職員互助会の件ですが、私はあまり入る必要を感じません。

      ただ、我が家の場合、結婚前に妻が加入していました(笑)

      そのうえ、我が三重県の退職教職員互助会のホームページには、以下のようなくだりがあります。

      >現職会員が途中で脱退する場合もしくは、45歳以上での退職時に退職会員にならない場合掛金総額の20%のみ返金されます。

      他県ならばこんな規則はないと思いますけど、三重県の場合は、一度入ると退会で大損します。

      というわけで、我が家は退職教職員互助会についてよく知らないままに、加入を続けている状態です。

      いずれにしても慎重にご検討ください。

      なんかあまりお役に立てなくてすいません。

  4. まこ

    ウェブシェフさんはじめまして。
    夫婦とも教職員で、40代後半の妻が春に初期の乳癌で入院手術。1ヶ月後に職場復帰しその後は通院で放射線治療を終了し現在はホルモン療法(5年間の予定)中です。
    保険の見直し(学校生協総合保障制度の保険更新時期)を考え中にたどり着きました。
    妻は保険勧誘員さんの言われるがままのタイプで、重複しているものが数多くあります。
    乳癌を患ったため、今後のことも考え他社の医療保険(払込免除特約付)やがん保険などはそのまま継続しますし、学校生協総合保障制度の入院給付金や医療サポートの部分はこのままにしておいた方がよいと考えます。
    不要ではないかと思われるものが、死亡や高度障害保障の新グループ保険の4000万円プラン(月額10000円くらい)です。新グループ保険は剰余金の配当が年によっては50%位あるようですが、月額2000円くらいの440万円か880万円の保障で十分ではないでしょうか?
    また長期療養型という、就業障害になった場合90日後から月に10万円を5年間支給されるもの(月額3100円)も不要ではないでしょうか?
    私は50代前半で持ち家があり借金はなく、今後おおきな支出の予定もありません。
    アドバイスいただけたら嬉しいです。
    宜しくお願いいたします。

    1. ウェブシュフ 投稿作成者

      まこさん、コメントありがとうございます。

      大変申し上げにくいのですが、頂いた情報だけでは何ともお答えいたしかねます。

      保険をどうするかについては、ご夫婦の価値観と家計の状況を十分に考慮に入れないといけませんが、奥様のお考えが全く分かりません。

      家計の状況についても、いただいた情報だけでは、バランスシートを作ることもできません。

      また、ウェブを通じたアドバイスは遠慮させていただいております。

      責任をもってアドバイスをするには多くのプライバシー情報を頂かないといけませんが、ウェブで気軽にやり取りするわけにはいきません。

      まこさまには、奥様と一緒に保険相談に出向かれることをお勧めします。

      ご期待に沿えず申し訳ございません。

      1. まこ

        早速のアドバイスありがとうございます。
        妻はお金に無頓着な方で、面倒なことが嫌いな方です。
        私はお金のことを勉強するのが嫌いな方ではなく、若い頃から株式投資なども行っています。
        それ故ある程度の資産もあるのですが、費用対効果が薄かったり無駄なことが嫌いな方で妻の死亡保障に?と思いました。
        自分なりにいろいろ調べ考えたのですが、グループ保険の死亡保障は引き下げ、長期療養型は解約しようと思います。
        また時々覗かせていただきます。
        有意義な情報、ありがとうございました。

コメントは停止中です。