引越し時における自転車やバイクの輸送準備

更新

bycicle
自転車・バイクは、特に梱包・荷造りする必要はありませんが、取り扱いには少し注意が必要です。その上、輸送に結構お金が掛かるので、古いものなら引越しを機会に処分するのもいいかもしれません。

自転車の場合

自転車は、直方体にも立方体にも程遠い形をしていますので、引越しの荷物としては大変取り扱いにくいです。

自転車の上には荷物はほとんど積めませんし、他の荷物の上に自転車を積んでも安定しません。

ですので、積込む際には、他の全ての荷物が終わってからトラックに押し込む感じで積込むことになります。

このような特性のため、自転車の運送料金は高いです。長距離だと平気で1万円超えなんてこともあります。

古い自転車は、引越しを機会に処分して、新しい自転車に買い換えることをオススメします。

とは言え、自転車を新居に持っていくかどうかは、料金しだいというところもあります。

引越し料金の見積もり時に、自転車を運ぶ場合の料金とそうでない場合の料金を聞いてから判断するのがいいかもしれません。

原付・バイクの場合

原付やバイクは重い分だけ自転車以上に積込みにくいです。

さらに、ガソリンという引火しやすい燃料を積んでいるので、そのままでは業者さんから危険物として引き受けを拒否されます

ですので、原付やバイクを荷物として運びたいなら、引越し当日までにタンク内の燃料を使い切ることが必要です。

ただ、バイクは自転車以上に輸送費がかさみます。やはり引越しを機会に買い換えるのがいいと思います。

買い換えるなら、古いバイクをなるべく高く売るべく努力しましょう。ここでも複数業者から相見積もりを取るのが鉄則です。

バイクはトラックに積んでもらえない場合アリ

自転車の場合は必ずトラックに積んでもらえますが、バイクの場合はそうは行きません。

一部の業者は、万一のガソリンへの引火リスクを考えて、トラックへの積み込みを拒否します。

拒否された場合は、自動車と同様の輸送方法を取らないといけないので、早目の準備が必要です。

近場なら乗っていくのがベスト

なお、旧居から新居までの距離が近い場合は、自転車やバイクを自ら運転して新居まで移動することで、輸送費を浮かせることが出来ます。

買い換えるのに抵抗があるほど新しい2輪車をお持ちの場合は、「自ら乗って移動」という運搬手段も検討してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です