先進医療と臓器移植に特化した医療保険「リンククロスコインズ」を検討したけど加入を見送った話

更新


我が家では、以前、先進医療と臓器移植に特化した医療保険「リンククロスコインズ」への加入を真面目に検討しました。

入院保障を付けずに先進医療特約を付けることができる保険は、私が知る限りこれだけです。魅力的な部分もありました。

しかし結局は加入を見送りました。その結論に至るまでを書きます。

リンククロスコインズへの加入を検討されている方の参考になれば幸いです。

リンククロスコインズの保障内容

CMの動画があったので紹介しますが‥

これを見ても保障内容はよくわかりません。

Linkx coins(リンククロス コインズ) | 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命を確認したところ、こんな保障内容でした。

  • 保険料は月々500円
  • 臓器移植給付金は1000万円(給付は一回限り)
  • 先進医療給付金は2000万円まで(給付回数無制限)
  • 先進医療一時金5万円(給付回数無制限)

リンククロスコインズの臓器移植への保障は帯に短したすきに長し


リンククロスコインズの臓器移植医療給付金は1000万円です。

所定の臓器移植手術を受けたときに支払われます。

所定の移植術とは、心臓・肺・肝臓・膵臓・小腸・腎臓の移植術のことをいいます。 また、被保険者が受容者として移植術を受けられた場合に限ります。(Linkx coins(リンククロス コインズ)の保障内容 | 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

臓器移植に対する保障が付いた保険商品はこれまでとても少なかったので、リンククロスコインズは一見魅力的です。

ただ、臓器移植医療給付金は臓器移植にかかった費用にかかわらず1000万円という定額です。

臓器移植にかかった費用が100万円でも1億円でも、給付金の金額は1000万円です。

我が家としては多額の費用が掛かったときにそれを埋め合わせてもらいたいので、これでは帯に短し襷に長しです。

国内の臓器移植はほとんどが保険適用。保険は不要

先日の記事でも書きましたが、日本国内で臓器移植を受ける場合、そのほとんどが公的医療保険の適用対象となります。

公的医療保険の適用対象となれば、高額療養費制度が適用されます。自己負担はとても少なくて済みます。

移植のための臓器搬送に少々費用がかかりますが、それでも200万円もあれば臓器移植を受けることは出来ます

これくらいであれば十分に貯蓄でまかなうことができますよね。

日本国内で臓器移植を受ける場合、臓器移植医療給付金の1000万円などいりません。

我が家が臓器移植に備えて保険に入るとすれば、それは海外移植を受ける場合です。

海外臓器移植の費用は億単位。1000万円の給付金では足りない

海外で臓器移植を受ける場合、デポジットとして事前に億単位のお金の入金が求められます。

日本の国立成育医療研究センターによれば、アメリカでは2007年頃までは心臓などすべての臓器移植は3000万~7000万円だった。それが、2009年には心臓移植を求める日本人の幼児に対し、4億円のデポジットを求められたケースもあった。(米の臓器移植 カネの力で優先させる日本人対策で費用が上昇│NEWSポストセブン

だから海外移植が必要になった方は募金をしますよね。

では、リンククロスコインズに入っておけば、いざという時に募金をしなくてもよいのでしょうか。

そんなことありませんよね。

億単位の費用がかかるなら、臓器移植医療給付金として1000万円を貰ったところで、焼け石に水です。

いざ臓器移植のために海外に出向く必要が出たなら、リンククロスコインズに加入していても、募金に頼らなければならないでしょう。

もちろん、臓器移植の費用に少し足りない程度まで募金が集まった場合などは、「臓器移植医療給付金の1000万円のおかげで助かった」というケースも考えられます。

だから1000万円の臓器移植医療給付金が全く無意味だとは言いません。

でも移植に必要なお金を賄うには、臓器移植医療給付金の金額1000万円は力不足だと言わざるを得ません。我が家はそう判断しました。

なお、海外での臓器移植がリンククロスコインズの臓器移植医療給付金の対象となるには、日本国内の医師(保険医)によって治療上必要であると診断された臓器移植であることが条件になります。

日本国内での小腸移植に備えるなら悪くないかもしれませんが‥

先ほど日本国内での臓器移植はほとんどが保険適用だという話をしましたが、小腸移植は保険適用外です。

小腸移植は一部の病院で受ければ先進医療となりますが、他の病院で受けた場合は先進医療とされず、費用の自己負担額は1000万円から2000万円になります。

これに対応するためなら、臓器移植医療給付金が1000万円であるリンククロスコインズは、悪くない選択かもしれません。

リンククロスコインズの先進医療への保障は一般的な先進医療特約より充実

リンククロスコインズの臓器移植医療給付金が力不足だといいましたが、先進医療に対する保障は充実していると思います。

リンククロスコインズの先進医療保障は2本立てです。

  • 先進医療給付金は2000万円まで(給付回数無制限)
  • 先進医療一時金5万円(給付回数無制限)

「先進医療給付金は2000万円まで」は一般的ですが、先進医療一時金がもらえる保険はあまりないです。

リンククロスコインズの加入者が先進医療を受けると、先進医療一時金として先進医療にかかる費用に関わらず5万円、先進医療給付金として先進医療にかかる技術料相当額がもらえます

また、先進医療給付金と先進医療一時金には給付回数の制限はありません(先進医療は何回も受けるようなものではありませんから大したメリットはないかもしれませんが)。

リンククロスコインズの先進医療に対する保障は充実していると言えるでしょう。

我が家はリンククロスコインズへの加入を見送りましたが…

我が家のリンククロスコインズに対するスタンスは「見送り」です。

その大きな理由は、臓器移植に対する保障が中途半端だからです。我が家が臓器移植に対する備えとしてリンククロスコインズを使うことはありません。

また、我が家がリンククロスコインズに加入するなら先進医療に対する保障のみを目的とした使い方になると思いますが、その場合は先進医療給付金が2000万円までと言うのが中途半端です。

我が家が先進医療に対する補償に興味を持つのは、将来先進医療が高額化して数千万円単位の費用が掛かる先進医療が登場する場合に備えるためのものです。

先進医療給付金の上限が2000万円だと、家計の破たんを完全には防げません。

これも、見送りの大きな理由です。

先進医療や臓器移植に対してのみ保険で備えたい人には魅力的

「リンククロスコインズに入らない」という我が家の決断は、我が家の置かれた状況と我が家の価値観によって導き出されたものです。

決してリンククロスコインズがダメな保険だということではありません。ダメな保険などとは思っていません。

ウェブシュフ
いま販売されている医療保険なんて不要だ!!

とよく言っている私が検討したこと自体、既存の医療保険よりも圧倒的に魅力的だと思っている証拠なんですよね。

入院保障はいらないけど、先進医療や臓器移植に対しては保険で備えたいわ

とお考えなら、そのようなニーズに合う保険は他に見当たりませんので、リンククロスコインズを検討する価値はあると思います。