荷量の圧縮は引越料金節約の王道です

更新

いざ引越しとなると、何とか費用を抑えたいと考えるのは当然のこと。ただ、多くの人は、相見積もりなど業者との駆け引きで費用を抑えることばかり考えてしまいます。しかし、荷量の圧縮こそ引越料金節約の王道なのです。

余計なものを運ばない

引越しで運ぶ荷物の量は引越料金を大きく左右します。

料金は荷量に比例するといっても過言ではないでしょう。

したがって、料金を節約したなら荷量は極力抑えないといけません。

そのためには、以下のことを確実に実行しましょう。

ゴミや不用品は引越前に確実に処分する

ゴミや不用品のために引越料金がかさむのは本当に無駄です。旧居で確実に処分しましょう。

古い家電・家具・食器・調理器具などは旧居で処分して新居で購入する

ゴミや不用品とまで行かなくても、近々買い換えそうなものは旧居で処分しましょう。

荷量を抑えると…

荷量を抑えることで、単身者なら、引越サービスではなく宅配便で引っ越せるようになります。

宅配便を使うと、搬入と搬出は自分でやらなければいけませんが、その分、料金は引越サービスを利用したときに比べて劇的に安くなります。

何事も同じですが、業者にやってもらうことが多くなればなるほど、払わなければいけないお金も増えて行きます。

引越代の節約を考えるなら、「どうしてもできないことだけを業者に任せる」ことを肝に銘じないといけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です