試験勉強開始から社労士試験合格まで1年半の道のり

更新

平成30年社会保険労務士試験合格証書

社労士試験の勉強を始めてから、合格するまでの1年半の道のりを簡単にまとめます。

2017年3月に学習開始

2017年の3月に試験勉強をはじめました。

Forsightの社労士講座のみに集中して取り組みました。

と言っても時間がなかったので、テキストを一通り読んで、過去問を5年分必死にやり込んだという程度にとどまりました。

2017年8月の社労士試験は岡山で受験。1点足らずに不合格。。。

そして、2017年8月の第49回社会保険労務士試験を果敢に受験しました。

私は三重県民ですが、色々考えて選んだ受験地は岡山大学。

2017年の社労士試験結果通知(不合格)
2017年の社労士試験結果通知。不合格でした。

試験当日は、選択式の試験を残り時間15分の時点で退出。

岡山大学キャンパス内の草地で、午後の択一式試験に向けて最後の追い込みをしようとしたら‥

なんと、側溝の蓋からアナグマ?が出てきて鉢合わせ、威嚇されて5分間にらみ合いをするという事案発生。

試験中から先行きに暗雲が立ち込めました。

自己採点を行ったところ、合格ラインまであと一歩まで肉薄したものの、選択式で合格基準点である3点に満たない科目が2つ発生していることが判明。

選択式試験で、時間前に退出している場合ではありませんでした。。

これでは、何らかの救済措置の対象にならない限り、不合格になります。

実際、11月の合格発表で、不合格が確定しました。

ほんの少し、取り組み方が甘かった。

半年の勉強で救済措置に頼らず合格しようというのは、やや虫の良い話かもしれません。

しかし、試験を受けた実感からすれば、半年の勉強でも合格することは十分可能でした。

私が合格を逃したのは、試験勉強と試験当日の取り組み方に、わずかに甘いところがあったからです。

2017年8月末、翌年に向けての準備開始

2017年試験は不合格になるものとして、反省するところは反省し、翌年の試験に向けて準備を始めました。

2017年9月中に、メインで使用するテキスト・過去問問題集・その他補助教材を選びました。

そして、2017年9月末には、翌年の試験に向けて勉強を開始しました。

2017年11月には、2017年試験の不合格通知が届き、不合格が確定しました。

もう翌年の試験に受かるしかありません。

2018年の社労士試験も岡山で受験。

2018年の第50回社会保険労務士試験も、前年の経験を活かすべく、岡山大学で受験しました。

社労士試験受験票
合格した年の社労士試験受験票

前年の反省を活かし、選択式試験は最後の最後まで退出せずに、時間のある限り答案を見直しました。

この見直しによって、労基安衛が3点未満になるピンチから脱出しました。

昼休みは、間違ってもアナグマが出そうにない場所で、午後の択一式試験に向けて最後の追い込みをしました。

見事合格

試験当日の夜に自己採点をしたら、合格基準点割れなし。

つまり、マークミスがなければ確実に合格していることがわかりました。

妻と祝杯を上げました。

11月になって合格通知が届き、2018年の第50回社会保険労務士試験で合格となりました。

2018年社労士試験結果通知(合格)
2018年社労士試験結果通知。今度は合格。

2019年2月から事務指定講習受講中

試験には受かりましたが、私の場合、社労士として登録するには実務経験が不足しています。

そこで、事務指定講習を受けることになりました。

無事修了できれば、秋には社労士として登録することができそうです。