【仮想通貨】成行注文は高値掴みリスク有。買うなら指値注文がオススメ。

更新

こんにちは。先日から仮想通貨取引を始めているウェブシュフです。初心者仲間募集中です。

今のところ初心者らしくビットコインしか売買してません。

ところで、皆さんがビットコインの現物を買うとき、成行注文と指値注文どちらを使うことが多いですか。

私は必ず指値注文で買います。

成行注文だと高値掴みする危険があるからです。

成行注文とは?指値注文とは?

いきなり、成行注文・指値注文という言葉を使ってしまいましたが、市場取引(オークション取引)がまるっきり初めての人にとっては「???」かも知れませんね。

「値段はどうでもいいから、とにかくビットコインが1枚欲しい」というような、希望する売買価格を指定せずに出された注文を成行注文と言います

一方、「ビットコイン1枚を130万円で買いたい」というような、希望する売買価格を指定したうえで出された注文を指値注文と言います

自分以外に成行買注文を出してる人がいなければ、成行でも予想外の高値掴みは起きない

値段を指定せずに成行で買注文を入れると、その時点で市場に出されている指値売注文の中で最も値段が安いものと取引が成立します。

例えば、以下のような状況で、成行で2ビットコインの買注文を入れた場合を考えましょう。

ASK(売気配数)というのは、その価格で市場に売りに出されたビットコインの枚数を指します。

自分以外に成行注文を出した人がいなければ、130万円で1ビットコイン、131万円で1ビットコインの買い注文が成立します。

上の図でいえば、青色の部分を買うことができるわけです。

タッチの差で先に大きな成行買い注文を出されてしまうと、高値掴みのリスクが出てくる

しかし、自分よりわずかに先に、成行で買い注文を入れた人がいる場合は話が大きく変わります。

自分が成行で2ビットコインの買い注文を入れる直前に、別の人が成行で10ビットコインの買い注文を入れたとしましょう。

成行注文同士の間では時間優先の原則によって、先に入った注文が優先されます。

そのため、市場に出ている売り注文のうち、150万円未満の価格が指定されてる売注文は、10ビットコインの買注文との間で取引が成立してしまいます。

「別の人」が安いものから順に、10ビットコイン分買っていくことになるので、自分が買う前に上の図で赤の部分の売り注文がなくなります。

自分が出した2ビットコインの買注文は、150万円の売注文(青の部分)との間で取引が成立します。

2ビットコインを買えましたが、値段は150万円ですから、先ほどの例と比べてずいぶん高値でつかまされました。

指値注文であれば、指定した値段を超えて高値掴みすることはない

次に、「ビットコイン2枚を131万円で買いたい」という指値注文をした場合を考えましょう。

この場合は、131万円を超える値段で取引が成立してしまう可能性はありません。

高値掴みの可能性はゼロです。

しかし、自分が注文を入れる直前に別の人が成行で10ビットコインの買い注文を入れた場合、131万円以下の売り注文がなくなるので、ビットコインは少しも買えなくなります。

ビットコインを買うときは指値注文がいいと思いますよ。

指値注文は、高値掴みする危険性はないものの、買いたいときに買えないケースが出てきます。

成行注文は、とんでもない高値掴みのリスクがありますが、買いたいときには大抵買えます。

どちらも一長一短ですが、私は指値注文を選びます。思わぬ高値掴みって気分が落ちますからね。

皆さんにも、仮想通貨を買うときは、指値注文を基本とされますようお勧めします。

※この投稿は現物取引を前提としたものです。