カテゴリー
WordPress運営日誌»Twenty Twenty»

投稿タイトル下の抜粋表示を停止する

WordPress Twenty Twenty の抜粋表示は邪魔なので停止します。

WordPressの公式テーマ Twenty Twenty は、投稿タイトルの下に投稿の抜粋を表示します。

私はそこに抜粋なんて表示してほしくないので、除去することにしました。

投稿タイトル直下に抜粋を表示するコードはどこにある?

さて、抜粋を除去するには、抜粋を表示するコードを探して、無効化しないといけません。

抜粋を表示するコードは、 Twenty Twenty/template-parts/entry-header.php の59行目以下にあります。

if ( has_excerpt() && is_singular() ) {
          ?>

        <div class="intro-text section-inner max-percentage<?php echo $intro_text_width; //phpcs:ignore WordPress.Security.EscapeOutput.OutputNotEscaped -- static output ?>">
             <?php the_excerpt(); ?> 
        </div>

        <?php     
}

上のコードの意味は「個別投稿ページが固定ページ科アタッチメントページで抜粋を持つページなら、抜粋を表示せよ」というようなものです。

子テーマフォルダ直下にtemplate-partsを作る

抜粋を表示するコードが、親テーマの entry-header.php にあるとわかりました。

抜粋を非表示にするカスタマイズをするなら、まずは、親テーマの entry-header.php をコピーして、子テーマフォルダ内に貼り付けなければなりません。

ここで一つ注意点があります。 entry-header.php は、子テーマフォルダ直下に貼り付けてはいけません。

entry-header.php は、 Twenty Twenty フォルダ直下ではなく、 Twenty Twenty/template-parts/ フォルダの直下にありました。

entry-header.php を子テーマフォルダ内に貼り付ける作業は、以下のような2段階で行います。

  1. 子テーマフォルダの直下に template-parts フォルダを作る(すでに作っているなら、この工程は飛ばす)
  2. template-parts フォルダの直下に entry-header.php を貼り付ける

コードをコメントアウトして抜粋表示を停止

entry-header.php の貼り付け作業が終わったら、抜粋を表示するコードは無効化する作業です。

今回は、コードを削除せずに、コメントアウトで無効化しました。

/*** if ( has_excerpt() && is_singular() ) {
          ?>

        <div class="intro-text section-inner max-percentage<?php echo $intro_text_width; //phpcs:ignore WordPress.Security.EscapeOutput.OutputNotEscaped -- static output ?>">
             <?php the_excerpt(); ?> 
        </div>

        <?php     
} ***/

FTPソフトで、子テーマの entry-header.php をアップロードしたら、抜粋は見事に消えました。

WordPress Twenty Twenty の抜粋表示は邪魔なので消しました。

上の図では、少し先走って、パンくずリストを設置しているのですが、それはご愛嬌ということでお許し下さい。




記事作成者: 中川 勉

社会保険労務士、FP(1級ファイナンシャル・プランニング技能士)。兼業主夫で妻は公立学校教師。人生100年時代を生き抜くために、日々、勉強中です。