WordPressプラグイン「Photon」でGoogle PageSpeed Insightsのスコアが急落

公開 更新

2014-03-31_2342
WordPressの多機能プラグインJetpackには、無料CDNを提供してくれるPhotonがあります。有効化すれば鉄板でサイトが速くなるかと思いきや、Google PageSpeed Insightsのスコアが87から72に急落。高速化って難しいですね。

CDNとは何か

CDNについては以下の記事が分かりやすいです。

「Photon」もCDNなので高速化効果があるはずです。実際「効果が上がった」という記事はネット上にあふれています。

しかし、当サイトでは、高速化するどころか、Google PageSpeed Insightsのスコアが急落してしまいました。

Jetpackインストール前のスコア

今回Jetpackをインストールする前のスコアがこちら。

Google PageSpeed Insights モバイルは‥
2014-03-31_2324
Google PageSpeed Insights パソコンは‥
2014-03-31_2325
GTmetrixは‥
2014-03-31_2326

Jetpackインストール・有効化後、全機能を停止した状態におけるスコア

Jetpackをインストールした後、全機能をOFFにしました。当然「Photon」も有効化されていませんでした。この状態でスコアを計測したところ、

Google PageSpeed Insights モバイルは変わらず
2014-03-31_2330

Google PageSpeed Insights パソコンは少し悪化
2014-03-31_2330_001
GTmetrixは少し悪化
2014-03-31_2331
Jetpackをインストールする前と比べて少し悪化しました。でもわずかです。

Photon有効化後スコア急落

「もしかしてサイトがすっごく速くなるのでは?」と期待に胸を膨らませ、Photonを有効化。すると

Google PageSpeed Insights モバイルがまさかの15ポイントダウン
2014-03-31_2342

Google PageSpeed Insights パソコンは2ポイント改善。
2014-03-31_2342_001

GTmetrixは改善したといえばしましたが…
2014-03-31_2344

モバイルのスコア急落は度肝を抜かれるレベルです。

慌ててPhoton、さらにはJetpackを無効化しました。

Photonのせいでサイトが重くなるケースあり

以上のように、当サイトでは、Photonは全く機能しないばかりか、サイトを劇的に重くしてしまいました。残念です。

ネット上に賞賛の記事があふれている以上、通常の環境ならPhotonは高速化に貢献するのでしょう。

しかし、環境によっては大きく裏目に出ます。

高速化って難しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です