国主導の働き方改革によって、人事労務でやるべきことが激増しています。

人手不足のなか、悲鳴を上げたくなる事業所も多いはずです。業務効率化は待ったなしです。

そこで役に立つのがHRテックです。

HRテックとは人事労務業務のを効率化する情報通信技術(ICT)です。

当事務所では、介護事業などを始めとした中小企業へのHRテックの導入にも、力を入れて取り組みます。

HRテックを適切に導入すると、次のような業務が効率化されます。

勤怠管理効率化

働き方改革で勤怠管理は複雑化しましたが、HRテックで適正かつ迅速な勤怠管理が可能になります。有給休暇の管理も効率化されます。

給与計算効率化

HRテックの利用で、勤怠管理と給与計算・会計管理システムとの連動も楽になります。給与計算が適正かつ迅速になります。

健康経営業務効率化

社員の健康状態は会社の生産性に大きな影響を与え、社員の離職率にも密接に関わります。HRテックで適正かつ効率的な健康管理が可能になります。

手続き効率化

HRテックを使うと、労働社会保険手続きの手間も大幅に削減されます。デジタルファーストへの対応もバッチリです。

今こそITC、HRテックの導入が必要

人事労務業務などにITを導入すると言っても、これまでは導入コストや運用コストがあまりに高額でした。

しかし、ここに来て、クラウド型のリーズナブルなサービスが数多く登場しています。

今こそITC技術(情報通信技術)導入、特にHRテック導入による業務改善に乗り出すべきです。

サービスの選択と導入サポートに力を尽くします

クラウド型のリーズナブルなサービスは使いやすいです。安価なクラウド型サービスは使いやすくなってきました。

ところが、金銭的なコストは下がっても、依然としてIT導入には壁があります。

それでもサービスに慣れるための学習、関連法知識の学習は必要です。

また、どのサービスを利用すればよいかも、なかなか決断しにくいものです。

当事務所では、介護医療その他シニア関連産業の皆様が壁を超えるための支援をいたします。

是非お気軽にお声がけ下さい。


この記事の公開日は、最終更新日はです。

この記事が役立ったらシェア!!