超簡単図解!! XAMPP+BitNamiでWordPressをローカル(Windows)に設置

更新

2014-01-19_1309

ローカルにWordPressの開発環境を用意する方法は色々あります。そのうち、XAMPPとBitNamiを使ってWordPressを設置する方法が一番簡単です。このほど挑戦してみましたのでそのメモを公開します。

注:このエントリは既にXAMPPをインストール済みの方向けに書いています。インストールがまだの方は、以下のエントリを参考にXAMPPをインストールしてから記事を読んでください。

インストーラダウンロード

https://bitnami.com/stack/xamppに行って、WordPressの直下にある緑色のダウンロードバトンをクリック。
2014-01-19_1311

アイコンをクリックしてログイン。私はグーグルアカウントでログインしました。
2014-01-19_1313

I agree にチェックを入れて「OK」をクリック。
2014-01-19_1313_001

ちょっと脅かされますが「保存」をクリック
2014-01-19_1315

インストール準備

今ダウンロードしたインストーラのアイコンをダブルクリック。
2014-01-19_1317

日本語を選びたいけど選択肢にないので「English」で妥協。
2014-01-19_1320

Next
2014-01-19_1320_001

Next
2014-01-19_1321

アカウント作成

次の入力画面(下の図)がとても重要です。

  1. これからインストールするWordPressで自分(管理者)が使うユーザー名を記入
  2. メアドを記入
  3. XAMPPのMySQLのrootのパスワードを入力します。(パスワードに数字が入っているとエラーが出るみたいなので、パスワードをアルファベットだけで作って置くと無難です。)
  4. これからインストールするワードプレスでログイン時に入力するパスワードを入力。

2014-01-19_1337

あと一息

ブログ名を入力
2014-01-19_1344

メールサポートの有無を答えて「Next」
2014-01-19_1344_001

「Bitnamiのクラウドホスティングの説明要る?」と聞かれますが、要らないのでチェックマークを外して「Next」
2014-01-19_1345

インストールの準備が出来ました、と書いてあるので「Next」
2014-01-19_1345_001

インストール・ログイン

インストールが始まります。
2014-01-19_1346

終わったら「finish」
2014-01-19_1349

ブラウザで今インストールされたばかりのwordPressのトップページが開かれます。
2014-01-19_1350

左サイドバーから「Log in」して見ましょう。
2014-01-19_1351

英語版をインストールしたのでログインページも英語ばかりです。
2014-01-19_1525

ログイン後も英語ばかり。
2014-01-19_1400

テーマを弄るにはこれでも充分ですが…

あとは、既存のワードプレスから投稿などをインポートすれば、ローカルにWordPressサイトが完成します。

私の場合、テーマ弄りのためにローカルにWordpressを設置したのでこれでも充分です。

しかし、完全なコピーサイトをローカルにつくるなら、日本語化したほうがいいですね。

それについては別エントリで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です