WordPressの親カテゴリーページに子カテゴリー一覧を表示させる方法

更新

親カテゴリーのページには子カテゴリー所属の記事を一切載せていない@web_shufuです。その代わり親カテゴリーのページには子カテゴリー一覧を表示しています。そのためのコードを公開します。

子カテゴリーがあるカテゴリーページの構造はこんな感じ

当サイトのカテゴリー:WordPressの構造は以下のような感じです。

2013-11-26_1438

当サイトでは、子カテゴリーがあるカテゴリーページの構造は、上から順に、

  1. カテゴリータイトル
  2. 説明文
  3. 子カテゴリーリスト
  4. 記事数表記
  5. 記事リスト

という感じになっています。

コード

このうち子カテゴリーリストを表示させている部分のコードがこちらです。

category.phpで、カテゴリーの説明文の直後に挿入します。

<?php   
$categories = get_categories(array('parent' => get_query_var('cat')));//子カテゴリーの情報を取得
if ($categories)//もし子カテゴリーがあったら
{
?><p>以下の子カテゴリーもご参照ください。</p>
<ul>
<?php foreach ($categories as $category) 
{
?>
<li><a href="<?php echo get_category_link($category->cat_ID); ?>"><?php echo $category->cat_name ?></a></li>
<?php 
}
?>
</ul>
<?php 
}
?>

こうすることで、子カテゴリーを持つカテゴリーページでは漏れなく子カテゴリーリストが表示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です