モバイル保険はどう考えても入る必要のない保険だった

更新


モバイル保険が私の周辺では少しだけ話題になっています。

保険に入る入らないは、最後はその人の価値観次第。入っても入らなくても正解です。

ただ私は…

ウェブシュフ
太陽が西から登ってもモバイル保険に入りません

モバイル保険は損

「モバイル保険」爆誕。月700円で3ガジェットの修理費を年10万円まで補償 : ギズモード・ジャパンによると、

月額700円でスマホをはじめとしたモバイル端末を3台まで補償してくれる「モバイル保険」がさくら少額短期保険株式会社から登場しましたよ。ディスプレイ破損して直して再度割って直して…という厄が続く人でも、年間10万円ぶんまでは回数限定なく修理費を補償してくれますよ。

とのことです。この保険は入った方が得でしょうか。

答えはNOですよね。

保険というものは、契約者全体としては、

支払った保険料>受け取れる保険金

となるようにできています。

そうでないと保険会社の経営が成り立ちません。

モバイル保険に限らないことですが、保険に入ると期待値の上では確実に損です。例えば医療保険もそうです。

保険は「めったに起きないけど起きれば家計が破滅しかねないリスク」に備えて入るもの

加入すると損をするのですから、保険には原則として入るべきではありません。ただし例外はあります。

それは「発生確率は低いものの、一度起きればライフプランに破滅的な打撃を与えかねないリスク」に備える場合です。

以前に下記記事でも書きましたが…

例えば自動車保険には入るべきです。

自動車を運転する以上、人をひき殺して到底支払えないほどの巨額賠償を背負うリスクがあります。

このリスクが発生する確率は低いもののゼロではありません。

そして、ひとたびこのリスクが発生すれば、家計を破滅に導くほど大きな損失をもたらします。

一方、自動車保険に入るのは損ですが、十分支払える程度の損です。

支払える程度の損で破滅的な巨額損失を確実に回避できるのなら合理的ですよね。

保険には原則として加入するべきではありませんが、家計への破滅的な打撃を確実に回避できる保険には加入するべきです。

モバイル端末の故障では家計は破滅しない

ところで、私はFP兼引きこもりボッチアフィブロガーです。

一日の大半をPCの前で過ごすわけですから、モバイル端末の故障が経済的にクリティカルヒットとなることなど考えられません。

ウェブシュフ妻
ウェブシュフは例として特殊すぎるでしょw

私がやや特殊な状況にあることは否めませんが、私以外の多くの人にとっても、モバイル端末の故障が巨額損失を引き起こして家計が破たんするなんてことは有り得ないでしょう。

家計が破たんしないなら保険で備える必要はない

モバイル端末の故障は家計の破たんにつながる可能性が無いのですから、そんなものに備えて保険に入る必要はありません。

各キャリアの端末保証サービスを利用する必要もありません。

もし、モバイル端末の故障が大きな損失を生むようなケースが有り得るのならば、モバイル保険や各種保障サービスの利用も検討の余地があります。

しかし、そんな人はごく少数です。

モバイル保険や各キャリアの端末保障サービスなんて、加入する意味を見出せません。

モバイル保険に入るくらいなら…

そういうわけでモバイル保険に加入するべきかどうかについて聞かれたら

ウェブシュフ
絶対入るな!!

と答えます。

しかし、それでも端末の故障が心配な方に、保険に入らず備える方法を書いてみました。

保険料分貯金すればいい

モバイル保険の保険料は毎月700円ですが、年間保険料は8400円、10年加入した時の保険料総額は84,000円にも上ります。

保険に限らず、月払いのコストは一定期間の総額で考えるべきです。

ところで、モバイル保険料の総額84,000円は結構な額ですよね。

10年間で端末故障の修理費が84000円もかかることはそうそうありません。

保険料分をコツコツと貯めたほうが賢いと思います。

スペアの端末を買っておけばいい

仮に、モバイル端末の故障が大きな損失や逸失利益をもたらす可能性があったとしても、保険や補償サービスに加入するくらいなら格安の端末を購入してスペアとすべきでしょう。

スペアですから最新の機器である必要はありません。

モバイル保険の保険料は月額700円ですから2年分の保険料でスペア端末が買えますよね。

何事も落ち着いて損得勘定しましょう

最初にも言いましたが、保険に入るかはいらないかは個人の価値観次第なので、絶対的な正解などありません。

ですから個々人が好きなようにすればいいのですが…

損得勘定をしてみると、モバイル保険やキャリアの端末保障サービスに入るのは馬鹿馬鹿しくなりませんか。

ウェブシュフ
私と同じように考えてくれる人が増えてくれるといいなあ…

と思います。

同じように考えている方が他にもいらっしゃるようでした。。

それでも興味のある方はこちらからどうぞ

そんなわけで、私はモバイル保険の必要性を全く感じません。

しかし、この記事のコメント欄には「いやそんなことはない、結構魅力的です。」という趣旨のコメントが沢山あります。

モバイル保険に魅力を感じた方はこちらからどうぞ。

モバイル保険はどう考えても入る必要のない保険だった」への13件のフィードバック

  1. ねこ

    モバイル保険の件ですが、キャリアの保険に既に加入期待している人なら、確実にコスト削減になりますよ。

    保険は損得ではなく、急な出費のリスクを回避するため、
    に必要な人はいます。

    結婚も出産もしないほうが経済的に特ですよ、といっているものだと思います。

    返信
    1. ウェブシュフ 投稿作成者

      ねこさん、コメントありがとうございます。

      これはあくまで、モバイル機器の故障を補償するタイプの保険に対する私(キャリア保険にも未加入)の判断を書いた記事です。人それぞれ色々なご判断があって良いと思ますよ(^^♪

      保険は損得だけではありませんが、損得を無視することはできません。

      保険はリスクマネジメントの一手法であり、リスク・マネジメントとは不測の損害を最小の費用で効果的に処理するための手法だからです。

      モバイル保険が必要だという方も保険料の金額は気にされると思いますよ(^^♪

      ところで、私がモバイル保険を不要だと判断したのは「モバイル機器の修理代や買い替え費用によって家計が破たんするようなリスクにさらされる人はいない」との前提に立ったものです。

      この場合は、モバイル保険加入の是非が、損得(コスト)中心に議論されて当然だと思います。

      もちろん、モバイル機器の故障で家計破綻のピンチに陥る場合が想定されるなら、加入されるのも合理的な判断かと思います。

      結婚や出産については、長期的に見れば損になるケースも得になるケースもあります。

      モバイル保険を不要だと判断したことは、「結婚も出産もしないほうが経済的に特ですよ」と特に結びつくものではないものと思います。

      今後ともよろしくお願いいたします(^^♪

      返信
  2. 774

    月700円、つまり年間8400分貯金すればいい、とのことですが…2年間で2度もスマホの画面を割ったらどうでしょう…
    しかもそれを3台分、紛失盗難まで賄うというのは、なかなかに破格です。700÷3(しかも自己負担額なし)と考えるとキャリアの保険よりも安かったりします。

    もちろん実際にはサブ端末は3万円まで補償など制限はいくつかありますが、少しでも手荒な扱いをしているという方には打ってつけなんですよね…

    返信
    1. ウェブシュフ 投稿作成者

      774さん、コメントありがとうございます。

      本文中に書いた通り、モバイル端末の紛失盗難故障によるダメージは家計破綻にほど遠いほど小さいです。

      一方、モバイル端末の紛失盗難故障を補償する保険加入によるキャッシュフローの期待値は明らかにマイナスです。

      ということから、私はモバイル機器を補償する保険(キャリアの保険を含む)に対してすべて否定的です(^^♪

      確かに、774さんご指摘の通り、手荒な扱いをしている人(保険金をもらいやすいような行動をあえてとる人)は得をしやすくなっています。でも私はこれも嫌いなんですよね。

      普通の保険なら、約款なり規約なりで、このような行動をする契約者はかなり排除されますが、モバイル保険はその点ゆるゆるで嫌いです。

      とは言え、これは私の価値観なので、皆さんそれぞれご判断があってよいと思います。

      今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m

      返信
  3. 山崎

    はじめまして。山崎と申します。
    丁度悩んでいた事に明快な答えを与えてくださる記事でした。
    本当にありがとうございます。記事の通りだと思います。
    携帯電話を新しくしたばかりで保険の事悩んでいましたが即刻解約して、丁寧に大事にする事、その分貯金する事を実践します。
    本当にありがとうございました。

    返信
    1. ウェブシュフ 投稿作成者

      山崎さん、コメントありがとうございます。

      お役に立てたようでうれしいです。

      保険は損なので、どう転んでも破滅には至らないようなリスクに対しては、貯蓄で備えたいものですね。

      返信
  4. kyo

    はじめまして、kyoと申します。
    記事面白く読ませていただきました。
    私もいずれはFPブロガーとして名をなしたいですー。

    どうしても書きたくなったので、私の意見を書かせてください。
    記事を拝見すると、コメントされる皆様と
     ウェブシュフ様・・・保険は割高である。
     コメントされる方・・保険は必要(魅力ある商品)である。
    として対立しかかってますよね。
    でもこの2点、相反しないので共存できます。
    「すべての保険は必要(魅力ある商品)だが、割高である」
    そして、これが保険の本質じゃないかな~と思うんです。
    どうでしょうか。

    返信
    1. ウェブシュフ 投稿作成者

      kyoさん、コメントありがとうございます。

      >「すべての保険は必要(魅力ある商品)だが、割高である」
      そして、これが保険の本質じゃないかな~と思うんです。
      どうでしょうか。

      とのご提案ですが、同意いたしかねます(^^♪

      私は「すべての保険が必要」だとも、保険が魅力的だとも、思っていないんですよね。

      FPの試験勉強でも出てくるように、保険はリスクファイナンシングの手段にすぎません。

      保険は、リスク発生時の損失を穴埋めする財源の一つでしかないですし、私はそれが保険の本質だと思っています。

      リスク対応の財源としては保険よりは自前の資金が望ましいです。

      もちろん、自力では対処に必要な資金を用意することができないリスクにだけは、やむなく保険を掛けますけど、

      「ああ、金がないばっかりに、負けやすいギャンブルに参加しなきゃいけないとは…ぐぬぬぬ…」

      という気持ちです(^^♪

      保険を魅力的と思ったことはないですね。

      こういう私の考え方が記事中の端々ににじみ出て、意見の対立になっていると思うんですけどね。

      まあこういうのは、価値観の違いとしてお互い認め合えば、それで共存していると言えるのではないでしょうか。

      わざわざ妥協点を探して歩み寄らなくても問題ないような気がします。

      というわけで、せっかくのご提案ですが、同意することはできません。悪しからず~(^^♪

      それはさておき、今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m

      返信
  5. kyo

    コメントありがとうございます。
    妥協点を探る必要はない、まさしくその通りですね。

    ちなみに私も保険不用論者です。
    お忙しいところ、お邪魔しました。

    返信
  6. zodiac

    初めまして。
    お世話になります。

    記事の内容がとても参考になり、
    色々な視点で考えるようになりました。

    さて、モバイル保険に関して質問なのですが、
    色々ご意見はあるかと存じますが、
    ここでは前提として「スマホは日常生活に必須であるので、持たない選択肢は排除する」
    として質問にご回答頂ければと存じます。

    *************************************
    モバイル保険に加入するとして、
    月々700円を仮に30歳から60歳までの期間で考えると、
    700円×12ヶ月×30年=252,000円が累計の保険料となり、
    保険に入らずに貯蓄していた場合は、
    上記の252,000円が貯まることになる。

    その為、30歳から60歳までのこの仮定期間において、
    スマホの修理費用や、
    紛失・盗難時(モバイル保険では紛失は保障外ですが)の出費として、
    252,000円以下であるならこの保険に入る必要は無いということでしょうか?
    *************************************

    そんなに頻繁に落としたり、
    失くしたりするものではないので、
    その発生頻度との兼ね合い、
    さらに、最新機種に変更するのか、
    その時点で古い機種にし、コストを抑えるのか、
    等々議論に幅があるかと存じますが、
    単純に上記の質問にご回答頂ければ幸いです。

    よろしくお願い致します。

    返信
    1. ウェブシュフ 投稿作成者

      zodiacさん、コメントありがとうございます。

      この記事における私の考えとしては、おおむねおっしゃる通りです。

      私の場合、ケータイを持ち出してからの約20年間に一度も紛失や故障に見舞われていないので、計算するまでもなかったんですけどね。

      紛失や故障の頻度が無視できないレベルの方であれば、スマホ本体の減価償却等も考慮して、損得勘定すればいよいと思います。

      返信
  7. iPhone紛失者

    モバイル端末と言っても様々です。特に高価なiPhone(SIMフリーモデル)の場合、Appleストアで購入すれば10万円近くします。そういう買い方をする方はいわゆる”3大キャリア”以外のSIMを利用しており、格安な利用料の分、手厚い保障など無縁です。そのような人には非常に有益なサービスだと思います。実際、私はパリのAppleストアで購入したiPhone6Sを東京のタクシーで紛失してしまい、悪意のある誰か(タクシードライバーとは思いたくなですが)に転売でもされたのか手元に戻ってくることはなく、このようなサービスに加入しておくべきだったと非常に後悔したひとりです。言いたいのは、一概に「使えないサービス」とするのは尚早だということ。端末の価値(思い含め)、キャリアとの契約形態によっては、非常に有益なサービスのひとつだと思います。

    返信
    1. ウェブシュフ 投稿作成者

      iPhone紛失者さま。コメントありがとうございます。

      私の考え方は記事本文に書いた通りで、私からすればモバイル保険は使えないサービスです。

      しかし、保険に対する考え方は人それぞれ、いろいろな考え方があっていいと思います。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です