銀行、クレカ、ASPの取引明細から手動で効率的に仕訳を作る方法

更新

銀行やクレジットカードの取引明細CSVファイルや、ASPの売上レポートから、手動で効率的に仕訳を作る方法について書きます。

エクセルにある程度慣れている方なら、決して難しくありません。

銀行の取引明細CSVファイルを加工して仕訳を作る

CSVファイルから効率的に仕訳を作りたいなら、仕訳したいスペースのすぐ右側に、銀行のCSV明細の中身をコピペしましょう。

次に、取引の内容が詳しく書かれている列(楽天銀行の明細であれば入出金先内容の列)でソートします。

すると取引内容が似た列が並びます。

勘定科目などの入力がコピペで済むようになるので楽ですよ。

関数を全く使わない場合、日付列はすべて手書きで入力することになりますが、その他の列で手書き入力が必要なところは僅かです。

下の図は私が実際に手書きで仕訳を作ったエクセルシートです。別タブで開くなどして拡大してみてください。

コピペ作業で仕訳が以外にサクサク進む様子を書き込んでいます。

金額列は、借方貸方とも、コピペした後に、マイナスの金額から-の符号を取れば完成(青枠)。

摘要列は入出金先内容の列をコピペするだけ(オレンジ枠と矢印)。

科目は手入力しなければいけませんが、上の図の青枠赤枠内のように似たような取引が上下に連続しているなら、オートフィルでコピーするだけで済むところが多くなるので楽です(赤枠と矢印)。

csvファイルを貼り付けただけで仕訳が完了するようなエクセルファイルを作ることができれば理想的です

銀行の取引明細のCSVファイルから効率的に仕訳を作るのに一番いい方法は、取引明細のCSVファイルを貼り付けたら自動的に仕分けが完成するようなエクセルファイルを用意することです。

私も、楽天銀行とゆうちょ銀行については、そういうエクセルファイルを用意してあります。

ただ、このようなファイルを用意するには、初歩的なエクセル関数を知っている必要があります。

クレジットカードの明細もこの方法でやるのがいいですね。

クレジットカードの明細のCSVファイルも、銀行の取引明細と同じように、エクセルで簡単に仕訳することができます。

ただ、クレジットカードの明細は、月ごとに発行されることが多いです。

12か月分の明細をすべてつなげて1枚の明細を作ってから、仕訳をした方がいいでしょう。

ASPの売上レポートも同じような感覚で仕訳化することができます。

ASPの売上レポートは、CSVファイルとは限りませんが、ウェブサイトから直接コピペすることができます。

仕訳を作りたいスペースのすぐ右に、売上レポートをコピペして仕分けをしていきましょう。

売上レポートを横目で見ながら、コピペ入力可能なところはコピペを利用して、効率的に仕訳を作っていきます。

貼り付けただけで仕訳が完成するようにできれば一番良い

ASPの売上レポートを貼り付けただけで仕訳が完了するようなエクセルファイルを作ることがあれば理想的ですが…

やはり初歩的な関数の知識は必要です。