引越し時の通信関連手続き(携帯・固定電話、郵便局、新聞、NHK)

新居での使用開始希望日を伝えます。引越しによって、利用している通信サービスについては、住所変更や工事などの手続きが必要になります。

新住所で迅速に従来どおりの通信環境を整えたいなら、これらの手続きも段取りよく進めないといけません。

固定電話

引越しは、固定電話の見直しのチャンスです。

現在の電話会社が本当にリーズナブルなのかこの機会に良く考えて見ましょう。

使用終了手続

現在利用している電話会社には連絡を入れ使用終了日等必要事項を伝えます。これは、かなり直前でも問題ありません。

使用開始手続

一方で、引越し後に利用する電話会社にも連絡を入れます。こちらにも住所や使用開始希望日等を伝えます。

ただ、新居で使用を開始するに当たって、工事が必要な場合もあります。

工事は予約制なので、年度末などの引越しが立て込む時期は、直前に予約を入れても希望通りに工事をしてもらえない可能性が高くなります。

したがって、遅くても引越しの2週間くらいまでには、引越し後に利用する電話会社に連絡を入れておきたいところです。

プロバイダー

新居でネット環境を整えるには工事が必要な場合が多いです。しかし、工事は依頼して即日でやってもらえるわけではありません。

繁忙期は何週間も待たねばならない場合がありますから、新居が決まったらすぐに、プロバイダや回線事業者の手配をする必要があります。

携帯電話

携帯電話は、引越しに伴って工事や設定が必要になることはないので、引越しを機会に見直すほどのことはありません。

引越し先で電波の状態が悪い場合でも、引越し後に他社に乗り換えれば済むでしょう。

そういうわけで、携帯電話会社には、引越し後落ち着いてから、住所変更の手続きをするだけでいいと思います。

郵便局


神宮前六郵便局 / nambon

通信手段として忘れてはいけないのが郵便です。

自分や家族宛の郵便物が確実に届くよう、旧住所・新住所を届けて転送手続きを行います。

手続きには時間が掛かるので、やはり引越しの2週間ほど前には済ませておきたいところです。

新聞屋さんへの手続き

新聞を取っているなら、新聞屋さんに2週間くらい前には、引越しすることを伝えましょう。

購読紙を変更しない場合であっても、一旦解約し、引越し先の販売店で改めて購読契約を結ぶ形になることが多いです。

NHKの住所変更・解約手続き

NHKの住所変更はフリーダイヤルかホームページから連絡をします。

なるべくなら一旦解約したいところですね。

でも、実家に引越すなど、すでにNHKと契約している世帯に引越す場合を除いて、解約するのはなかなか大変なようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です