機種変更でスマホからガラケーに戻すと5,000円超の料金削減【AU】」への2件のフィードバック

  1. Lynkeus

    すばらしい情報です。大賛成!
    私は、ガラケーからスマホに移行し、ガラケーに戻りました。現在、メールをガンガン使いまくっても月の使用料が1200円台。
    アドレス帳は、スマホへの移行の際に古いガラケーを処分しなかったので、古いガラケーから最新ガラケーにアドレス帳をコピーして、ノー・プロブレム。
    ・・・ただ、残念ながら、最新のガラケーよりも一昔前のガラケー(2007年春頃のWINや初代URBANO)のほうが使い勝手がよかったし、魅力的な遊び要素もたくさんあったので、最近のガラケー新機種の「投げやり」な感じは悲しい。
    近頃のガラケには、「時代の最先端を走ってやろう」「客をとことん楽しませるぞ」というような積極的な工夫が全く感じられない。なにしろ、最新機種が出るたびに、何かしら機能が後退している。
    「どうせガラケはスマホが使えない人が使うんだろう」「とことん単純にすりゃあいいさ」と言わんばかりの、「後ろ向き」な機種ばかり。
    どうやら、ろくでもないスマホを作ってもユーザーがアプリで飾ってくれるから誤魔化せるので、開発者の脳がどんどん馬鹿になったらしい。あるいは、社内の窓際族ばかりがガラケーを担当しているのかな?…と疑いたくなるほどの衰退ぶり。
    ・・・「狭~い島の中で独特の進化をとげた」からこそ「ガラパゴス携帯」と呼ばれるのであって、「進化」をやめちゃったら「ガラケー」にもならんわい!
    今後は、ガラケー・ユーザーが増えて一定の発言力を持ち、更に進化したガラケー新機種の登場を促すパワーになることを期待しています。

    返信
    1. ウェブシュフ 投稿作成者

      Lynkeusさん。コメントありがとうございます。
      ガラケーの退化は確かに残念ですね。見捨てられた感が半端ないです。
      でも、まあ、安いので、自宅引きこもり時間が長い私は満足しております。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です