前家賃とは何か

更新


私が一人暮らしを始めるに当たって部屋探しをしていたとき、最初にぶつかった「?」な言葉が「前家賃」。二つの意味で使われるのでそれを知らないと大混乱になります。

前家賃とは

前家賃は、賃貸住宅契約時のタイミングで、敷金・礼金・仲介手数料などとともに、契約金の一部として支払わなければならない家賃のことです。入居前に支払うので前家賃と言います。

前家賃の金額

新しい部屋の賃貸借契約を結ぶときには、通常、

(当月の残り日数分の日割り家賃)+(翌月分家賃)

の支払いが必要です。

この場合前家賃は1ヶ月分から2ヶ月分になります。次の家賃の支払は入居翌月の月末です。

また、共益費・管理費・駐車場代なども、(当月の残り日数分)+(翌月分)の支払いが必要になるのが普通です。

前家賃が2ヶ月分以上になることがある

中には入居時に

(当月の残り日数分の日割り家賃)+(翌月分家賃)+(翌翌月分家賃)

の支払を要求する物件もあります。この場合前家賃は2ヶ月分以上にもなります。次の家賃の支払は入居翌翌月の月末です。

前家賃を安くしたいなら、(当月の残り日数分の日割り家賃)+(翌月分)で済む部屋を探したいところです。

フリーレント物件では前家賃がゼロになるか少なくなる

入居後一定期間家賃が無料になるフリーレント物件に新入居する場合、その一定期間の分だけ前家賃は少なくなります。

フリーレント一ヶ月なら、前家賃はゼロになるか、そこまでいかなくても本来の金額より一か月分少なくなります。

前家賃が気になる人は、フリーレント物件を中心に引越し先の部屋探しをするのがいいかもしれません。

前家賃の意味には「前家賃制」というのもある

「前家賃制」とは翌月分の家賃を月末までに払う支払方式を指します。

この場合は「入居前に支払う家賃」という意味ではありませんので注意が必要です。