引越しの見積もり依頼時には個人情報の入力に注意!

更新

個人情報
引越しの見積もりでは「一括見積もりサイト」の利用が便利ですが、そこでは個人情報の入力が「必須」です。ネットで入力する以上、個人情報が誰かに盗まれるリスクは常に付きまといます。個人情報の入力には細心の注意を払わないといけません。

支障のない範囲で匿名性を高める

引越しの見積もりでは、引越し前の現住所・電話番号・名前などの個人情報の入力が「必須」とされています。

ネット上のサイトで個人情報を入力する場合、そのサイトが安全であるかどうかをよく吟味して判定しないといけません。

いまどき個人情報を横流しする見積もりサイトなど無いですが、個人情報が金のなる木として狙われている以上、ネットで入力した個人情報が誰かに盗まれるリスクは常に付きまといます。

個人情報入力時には、見積もりに支障のない範囲で匿名性を高めたほうがいいです。

特にメアドと現住所の番地の取り扱いには注意しましょう。

見積もり用にフリーメールのメアドを取得

メアドがネット上に漏洩すると、迷惑メールの嵐に晒されるので、つい嘘をつきたくなります。(私だけですか?)

でも、一括見積もりサイトを使う場合、メールアドレスは業者とのメールのやりとりに使うので、嘘をつくわけに行きません。

そこで、見積もりのためだけに使うメールアドレスを取得します。

Yahoo!メールなどのフリーメールを使うのがお勧めです。

引越しが済んだら使わないメアドなので、仮にメアドが漏洩しても、痛くも痒くもありません。

電話番号は正確に

電話番号が漏れたらどうしよう?という気持ちは分かりますが、訪問見積もりのための連絡窓口になるのですから、ここは絶対に正確に入力しましょう。

私は無料一括見積サイトを何度も使っていますが、引越し業者以外に電話番号が漏れて変なセールス電話が来たことなどありません。

あまり心配しなくてもいい気がします。

ただ、固定電話の番号を入力すると、引越し業者からの電話で呼び出し音が鳴りまくってうっとうしくなる可能性があります。

携帯電話の番号を教えてマナーモードにしておくのが賢明です。

留守電を聞いてコンタクトを取りたい会社にはこちらから連絡しましょう。

氏名も素直に入力すればよし

個人情報の取り扱いに敏感な方は、見積もりサイトでは偽名を入力したくなるかもしれません。

でも、それは得策ではありません。

確かに、業者を1社に絞って契約する段階で氏名を正確に契約書に記入するなら、訪問見積もりを依頼する時には偽名を使っていても、契約上の問題はありません。

ただ、見積もりに来る業者の立場になると、偽名を使う客なんて信用できませんよね。

信用出来ない客に誠心誠意のサービスをしてくれるかというと疑問です。

そういうわけで私は氏名も素直に入力します。

引越し前の現住所は原則として正確に

見積もりサイトでは、たいていの場合現住所も入力必須項目になっています。

現住所は訪問見積もりに来る場合にも重要な情報です。

正確に入力するべきだと思います。

もし漏洩してもすぐ引っ越すのですから余りダメージはないです。

正確な現住所を入力したくない場合は

しかし、どうしても気になるなら、番地のみ嘘の情報を入力することをオススメします。

ただ、嘘をつくにしても、現実に存在する番地を入力すると、そこの住人に迷惑をかけるかもしれません。現実には存在しない番地を入力するのがいいです。

もちろん、郵便番号、都道府県・市区町村・字など番地以外の情報については正確に入力します。

そして、訪問見積もりをお願いすることになった引越し業者の営業マンには電話で「先ほど番地の入力を間違えたので訂正します。」と言って正しい番地を教えます。

入力が必須ではない項目は一切入力しない

一括見積もりサイトには入力が必須でない項目も存在します。

例えば、引越し先の詳しい住所などは必須ではないです。

こういった、不要な項目は一切入力しないように気をつけて無料一括見積サイトを利用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です