テレビの梱包・荷造り・引越し準備

更新

テレビの梱包・荷造り
テレビの液晶画面はデリケートで衝撃に大変弱いです。また、薄型テレビの脚と本体の連結部もよく破損する部位です。なので、引越しではあまり自力で輸送したくない品物です。引越しを機会に買い換えるのがベストです。

テレビを運ぶなら業者を使うのが鉄則だと思いますが…

もし、自分自身で運ぶなら以下のことに気をつけてください。

  1. テレビ絡みの配線・リモコンの確認
  2. 自力梱包なら必須!テレビ梱包用セットの利用
  3. 梱包材にお金をかけたくないなら

テレビ絡みの配線・リモコンの確認

テレビを自力で梱包・荷造りするときには、つい破損しないようにということばかりに注意がいってしまいます。

しかし、配線の取り外しのときに、新居についた後の配線作業のことを考えておかないと大変なことになります。

現状の配線の様子をきちんと覚えて、配線その他のテレビの付属機器をもれなく梱包・箱詰めすればなんら問題ないのですが、新居についてから、次のような不具合が生じることが多いようです。

  • 元の配線が思い出せない
  • 配線が1本足りない
  • リモコンがない

このようなことにならないよう、梱包の際には配線やリモコンにも注意しましょう。

自力梱包なら必須!テレビ梱包用セットの利用

テレビの梱包にはテレビを買ったときの箱を使うのが一番です。

買ったときの箱を処分してしまったなら、ネット通販でテレビ梱包セットを購入することが出来ます。

お持ちのテレビのサイズと同じか、やや大きめのセットを入手するようにしてください。

注意書きどおりに梱包するとまず破損事故などは起こりません。

梱包材にお金をかけたくないなら

引越し者に作業を依頼したり、梱包材にお金をかけたりしたくないというなら、テレビを輸送するのはあきらめてください。

梱包の程度としてはこれくらいは必要なので、自分でいちからするのは大変です。

テレビ梱包用セットを利用するのが楽です。

キチンと梱包出来ていないと、冗談ではなくこんなふうになってしまいます。

液晶やプラズマ画面が見るも無残な姿になってしまいます。

テレビの荷造りと梱包にはどうしてもお金が掛かるものと考えておいてください。

液晶テレビのみの引越し料金

テレビを自力で梱包・荷造り・運搬するのは、手間もお金もかかります。

自力での引越しを考えている場合でも、テレビだけは業者に任せたほうが良いかもしれません。

料金の目安ですが、赤帽名古屋べんてん運送によると、32型までの液晶テレビが名古屋市内の運送で約5千円です。

クロネコヤマトの家財宅急便だと3000円台です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です