包丁・ナイフその他刃物の梱包・引越し準備

更新

包丁やナイフその他の刃物は、キチンと梱包せずに荷造りしてしまうと、大変危険です。

搬出・搬入時や開梱時に怪我をする羽目になります。

特にテクニックがいるわけではありませんが、ゆめゆめ刃が露出することのないよう、丁寧に梱包しないといけません。

具体的な手順

刃が露出することのないよう、という方法は色々考えられますが、引越しアルバイトをしていたときに私が教えられた方法を紹介します。

  1. 刃の向きをそろえて包丁を数本束ねます。
  2. 新聞紙を刃の長さくらいの幅に折りたたんで、刃全体にぐるぐる巻きつけます。
  3. 刃先の部分は特に手厚く巻きます。
  4. 今度は、柄の部分も含んだ全体を新聞紙でぐるぐる巻きにします。
  5. 最後に表面に「刃物」と赤で書きます。

引越しアルバイト時代は新聞紙ではなく食器包装紙を使っていましたが、インクの問題を除けば古新聞でも全く問題ありません。

ぐるぐる巻きは、あくまでぶ厚めに、丁寧に施してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です