仏壇の引越し準備~梱包・移動は大変。業者に依頼すると料金はいくら?

更新

仏壇はただでさえ運びにくいうえ、粗雑に扱うわけにも行かず、独特の作法が必要です。自分で運ぶのは無謀なので、業者に任せましょう。

仏壇の魂抜き・魂入れ

仏壇は、使用開始時に、故人の魂を入れる開眼供養(魂入れ)が行われています。

これによって「単なる木箱」が仏壇となります。言うまでも無く、仏壇は丁重に扱わないといけません。

ところが、引越しの時に仏壇を運ぶと、丁重とは程遠い扱い方をすることになります。

そこで、引越し前に仏壇から魂を抜いて、仏壇を「単なる木箱」に戻すのです。

これが魂抜きと呼ばれる儀式(お祓いとは異なります)です。お寺からお坊さんに来てもらい、お経を上げてもらいます。

仏壇に入っていた位牌・ご本尊・仏具はなどは、旧居から新居まで手運びします。

そして、新居に仏壇を運び入れた後、魂入れを行って「単なる木箱」を仏壇に戻します。これも、お坊さんにやってもらうことになります。

魂抜きも魂入れも法要の一つですから、「○○回忌」の法要と同じように、フォーマルな服装で望みましょう。

ただし、魂抜きも魂入れも、どうしてもやらなければならないものではありません。私自身もやったことがありません。

人それぞれ、自分自身や家族・親戚の宗教的価値観に従って、判断するべきことです。

魂抜き・魂入れのお布施の相場

魂抜き・魂入れ法要を執り行ってくれたお坊さんには、お礼としてお布施を渡さなければなりません。

相場は5千円から3万円ですが、宗派や地方によって大きく異なるようです。

宗派別仏壇常識リンク集

魂抜き・魂入れ・お布施の相場など、仏壇の扱いについては、宗派ごとの違いが大きいです。

各宗派のHPで確認してみてはどうでしょうか…

色々確認したのですが、やはりお寺はあまりネット上での情報発信に積極的ではないのですね。

仏壇の引越し方法について、分かりやすく書いてある宗派は語句一握りでした。

お世話になっているお坊さんに確かめるのが一番かもしれませんね。

仏壇移動の日柄も考えよう

仏壇移動の日柄については、大安が良く、仏滅がよくないとされているため、仏滅に仏壇を動かすと料金が安く済みます。

このように、作業料金に影響するので、風水や六曜に興味が無くても、日取りは気にしたほうがいいです。

新居では仏壇を最適な場所に置きましょう

引越しで仏壇を運ぶなら、仏壇の置き場所を最適化するチャンスです。

実は、仏壇の置き場所にはさまざまな考え方があり、どのようにおいても間違いではありません。

しかし、仏壇の維持管理の観点からは「南面北座」が正解です。

引越し当日に、業者さんにしっかり指示しましょう。

直射日光が当たらず湿気が少ない場所に置く

直射日光が当たって乾燥しすぎる場所や湿気が多い場所では、木はとても傷みやすいです。

仏壇は木製なので、こういう場所に置くと長持ちしません。

トイレ・台所・お風呂場などの水回り近くには置かないほうがいいです。

冷暖房の風が直接あたらない場所に置く

乾燥しやすくなるため、冷暖房の風が当たる場所に仏壇を置くのも良くないですね。

常に人がいる場所は、夏や冬にはエアコンが常にかかっているので、そういう場所には仏壇は置くべきではないです。

仏壇を長持ちさせたいなら南面北座がベスト

南面北座とは、仏壇の背中を部屋の北側の壁にくっつけ(北座)、仏壇の本尊が南を向くように(南面)した置き方です。

face-to-south (1)

トイレ・台所・お風呂場などから遠く、エアコンをあまり動かさない部屋で、南面北座の形に仏壇を置くと、

  • 直射日光が当たらず
  • 風通しがよく
  • 水回りから遠く
  • エアコンの風も当たりにくい

という理想的な環境になります。

信仰心を重視した置き方もあり

仏壇を大事に使うための置き方は南面北座で間違いないです。しかし、より信仰心を重視した置き方もあります。

一つは、仏壇の前に座ったときに、その宗派の総本山の方角を向くように仏壇を置くべきという「本山中心説」です。

この場合、総本山の方角にある壁に仏壇の背中をくっつけて鎮座させます。

もう一つは、西方浄土説です。

仏教では西方に極楽浄土があるとされているので、西向きに拝めるように仏壇を置こうとする考え方です。

この場合、西にある壁に背中をくっつけて仏壇を安置します。

宗派によって考え方が違う

仏壇の置き方に関する考え方は、魂入れ・魂抜き同様、宗派ごとに異なります。

お世話になっているお坊さんに確かめておきましょう。

仏壇移動を任せる業者の選び方

引越しの際に、仏壇の移動を依頼するなら、仏壇仏具の専門業者ではなく、引越し業者のほうが適しています。

確かに、こと仏壇に関しては、引越し業者よりも専門業者の方がクオリティーが高いです。部屋や家の中での移動など引越しに関係ない運搬作業の場合は、仏壇専門店に依頼するのがいと思います。

しかし、引越しの場合は、仏壇だけを運んでもらえばいいというわけではありません。

他の荷物の搬出・搬入作業も含めて、総合的にコーディネートしてもらわないと困ります。

この点では、仏壇仏具専門業者より、引越し業者のほうが数段上です。

仏壇の引越し・移動料金の相場

仏壇の引越し料金は、引越し業者に頼んだ場合、思ったほど高くありません。

クロネコヤマト「らくらく家財宅急便」なら小さな仏壇で約2万円。

赤帽名古屋べんてん運送では、大きな仏壇でも約2万円、小さな仏壇では約1万円です。

一方、仏壇専門業者に頼むと、10万円ほどの出費を覚悟する必要があります。(安い所もありますが…)。

費用の節約の観点から言っても、仏壇専門業者よりも、引越し業者のほうが優れています。

仏壇を運ぶのを嫌がる業者もいる

仏壇は、大変重たく高価なうえ美術品的要素も持っています。標準引越し運送約款における「貴重品」や「特殊な管理を要するもの」に該当します。

標準引越し運送約款によれば、業者は引き受けを堂々と拒否できますし、実際拒否する業者もいます。

仏壇を新居に運び入れたいのなら、仏壇輸送に対応してくれる業者を選ばないといけません

一括見積もりサイトの利用が便利

仏壇の輸送を引き受けてくれる業者限定で見積もりを取るなら、一括見積もりサイトの利用は絶対に欠かせません。

一括見積もりサイトでは、荷物リストの選択肢に「仏壇」の項目が必ずあるので、ここにチェックを入れて見積もり依頼をしましょう。
2014-10-29_1330

2014-10-29_1331

ほかの荷物にチェックを要れずに、仏壇のみチェックすると、仏壇だけを運ぶ作業依頼になります。

対応できる業者だけが連絡してくれるので便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です