たった4項目!Googleに好かれるサイトになるための条件

更新

2013-01-26_2120-google-friendly昨年アフィサイトをいくつか撃墜されたウェブシュフです。痛かったですが、Googleに好かれるサイトの条件がはっきり見えてきました。その条件とは、有用・独自・ナチュラル・自演なしの4つです。

アフィサイトとは

アフィリエイト広告を少しでも貼っていればアフィサイトといえます。その意味では世の中の大半のサイトがアフィサイトです。

しかし、アフィサイトでも典型的なものは以下のように定義できます。

典型的なアフィサイト=コンテンツの大半が商品説明で構成されているサイト。そのような構成のセットショップも含む。

Googleが典型的なアフィサイトを嫌う理由

Googleに評価されたければ、まずはgoogleの考え方を理解しないと行けません。

そのために役立つのが、Googleが典型的なアフィサイトを嫌う理由を考えることです。

嫌われる行動の逆を行けば好かれますからね。

独自で有用とはとても言えないから

サイトの大半が商品説明になっている場合、同じ商品を扱っている他の典型的なアフィサイトと似たような内容になってしまいます。

グーグルが評価する有用なコンテンツから対極にあるのですから、間違いなく嫌われます。

たいていの場合検索エンジンから追放されたも同然の扱いを受けるでしょう。

この動きが一層強まったのがパンダアップデートです。

ユーザーが嫌っているから

一般に人は売り込まれるのが嫌いです。広告だらけの典型的なアフィサイトも嫌いです。

一方、グーグルはユーザーの求める検索結果を常に追求しています。

だから、グーグルが典型的なアフィサイトを排除する方向に行くのは当たり前です。

リンクスパムの巣窟だから

典型的なアフィサイトは、ユーザーから嫌われているので、ナチュラルリンクを得られません。

ナチュラルリンクとは、「この記事いいよ、役立つよ」という紹介の意味で貼られたリンクのことです。googleはこのリンクを重視しています。

でも、嫌われているサイトにはそんなリンクは集まりません。

そこで、アフィサイトのオーナーたちは、登録したりお金を払ったりすると必ずリンクを貼ってくれるリンクサービスを使って自作自演でリンクを貼りました。

googleは長い間ナチュラルと自作自演を見抜けなかったのですが、2012年からかなり正確に見抜けるようになったようです。

それがペンギンアップデートです。

リンクサービスからリンクをもらうと、すごい勢いで検索順位が下がるようになりました。

余談ですが、あまりにペンギンが強力なので、ライバルサイトの検索順位を落とすことも十分可能です

googleのビジネスの邪魔だから

また、アフィサイトが上位表示されるとgoogleのビジネスの邪魔になります。

googleの収益は大半が広告収入です。

googleが、アフィサイトやショッピングサイトを上位表示するのは、広告の見込み客を自ら手放すようなものです。

この意味で、グーグルには販売目的のサイトをオーガニック検索の上位から排除しようとする動機があります。

さらに、仮に上位表示に成功したアフィサイトがあっても、googleはその存在感を巧妙に薄めています。

グーグルとヤフーの検索結果を見ればそれは一目瞭然です。

好かれるサイト

以上のようにグーグルは典型的なアフィサイトが大嫌いです。

ユーザーが嫌っているからという大義名分で堂々と排除してますが、実際には広告ビジネスのためにやっている部分もあると思います。

今は検索結果の上位に君臨するアマゾンすら排除する方向に行くんじゃないかと、ウェブシュフは思っています。

話が少しそれましたが、今後アフィリエイトやEコマースで成果を挙げたいなら、典型的なアフィサイトでは無理です。

それではグーグルに好かれるために、どんなサイトにすればいいかというと、典型的なアフィサイトにならないようにするしかありません。

具体的には、以下の4条件を守る必要があります。

  1. 独自
  2. 有用(ユーザーニーズに一致)
  3. ナチュラルリンクが集まり
  4. 自演リンクをしていない

売上・成果を出すために

このような状況で成果を出すための第一の方法は、グーグルに好かれてオーガニック検索結果の上位にランクインすることです。

第2の方法は、オーガニック検索で上位表示するのをあきらて、ほかの手段で集客することです。

グーグルアドワーズなどの広告に頼ったり、ソーシャルメディアを利用したり色々方法はありますが、どれもそんなに簡単ではありません。

ウェブシュフとしては、オリジナルで有益なコンテンツをコツコツ積み上げて、ロングテールなキーワードで上位表示を狙っていくのがもっとも手堅いと思います。

皆さんはどう思われますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です