引越し時、大家さんへの退去連絡は解約予告期間を考慮して早めに

更新


借家に住んでいる方は、賃貸借契約の満了前に引越す場合、賃貸借契約を中途解約しなければならないことが多いです。

これが遅れると引越した後も旧居への家賃を払い続けることになります。

引越しが決まったら真っ先に大家さんに連絡しておきましょう。

そうすれば余計な家賃の発生は最小限に抑えられます。

解約予告期間が始まる前に退去連絡をしたい

解約予告期間は、賃貸借契約書に「解約日の○○ヶ月前までに退去を通知すること」などという形で、はっきり書かれています。

大家さんや不動産管理会社に解約する旨を通知してから○○ヶ月経たないと賃貸借契約は解約できず、それまでの間家賃が発生するということです。

たとえば、解約予告期間が2ヶ月で解約通知の半月後に引越す場合、引越し後1ヶ月半は住んでもいないのに家賃を払わないといけません。

これは大変無駄なことです。

余計な家賃を払わずに済ますには、解約予告期間が始まる前に退去連絡をしなければなりません。

それが無理でも、1日でも早く解約通知を行えば、その分無駄な家賃の発生が抑えられます。

とにかく、大家さんや不動産管理会社には、早めに引越しの連絡をしましょう。

敷金が少しでも多く返るようにお部屋をきれいに

賃貸の解約手続きは大家さんに連絡して終わりではありません。

むしろ連絡してからが本番と言ってもいいでしょう。

引越し日(解約日)には部屋の状態を大家さんや不動産管理会社と一緒に確認していきます。

これを解約時の立ち合いと言います。ここの結果に基づいて原状回復費用が計算されます。

原状回復費用とは、部屋の状態を、あなたが部屋を借りた時の状態に戻すために必要な費用のことです。

部屋が汚いと、

大家
ここに傷がついてる
不動産屋
ここが汚れてる

などと言われて原状回復費用がかさみ、返還される敷金がどんどん少なくなります

部屋の傷や汚れはなるべく綺麗にしておきましょう。

それだけで返ってくる敷金がずいぶん違ってきます。

引越し日(解約日)

さて、いよいよ引越し当日です。

荷物が残っていると大家さんや不動産屋さんは立ち会いをしてくれません ので、予め約束した立会いの時間までに、全ての荷物を搬出しておきましょう 。

立ち合いは1時間程度はかかります。

その間引越し業者をまたせてしまうので、業者さんには事前にきちんと立ち合いの件を伝えておきましょう 。

年度末などの繁忙期は引越し当日に立ち会いができないこともある

年度の変わり目などの繁忙期には、不動産屋さんや大家さんの都合がつかず、引越し当日に立ち会いができないこともあります。

その場合は、立ち合いは翌日以降になってしまいます。

こんなことにならないためにも、大家さんや不動産屋さんには早めに連絡したいところです 。

原状回復費用や敷金返還額に納得がいかないなら安易に同意しない

原状回復費用の金額や返還される敷金の金額は、引越し後しばらくして書面で通知されます。

滅多にありませんが、原状回復費用や変換される資金の金額が、とんでもない金額になるケースもあります。

金額に納得がいかない場合は安易に同意しないでください。

消費者センターなどしかるべきところに相談しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です