保険に入ると損!純保険料と付加保険料を見れば明らか

更新

2016-0723-insurance-fee-09
妻は公務員(教師)。1級ファイナンシャルプランニング技能士の@web_shufuです。

【ちょっと得する】双子の出産で備える医療保険の話| I Love Twins!!~双子のママパパへという記事を見ました。

上の記事の「ちょっと得する」は気分的なものを指しているに過ぎません。

もし本気で「医療保険に入った方が得だ」と考えている人がいるなら、それは大間違いです。

医療保険にかぎらず、民間保険会社の運営する保険は、契約者は全体としては損するように出来ています。

確かに保険で得をする人はいますけど、それ以上に損をする人の方が多くなるからです。

その損失分が保険会社や代理店の従業員の給料原資になっています。

この辺りのことを、純保険料と付加保険料に注目しつつ、医療保険を例に説明します。

本記事でいう「医療保険で得(損)をする」とは?

本論に入る前に言葉の定義を一つだけ。

本記事では、ある保険商品についての支払保険料総額が、医療保険からの受給額合計を下(上)回る状態を「保険で得(損)をする」と定義します。

保険からの受給には、各種保険金、給付金、返戻金、契約者配当などがあります。

これを踏まえて以下の文章をお読みくださいm(_ _)m

保険料は純保険料と付加保険料とに区分することができる

生命保険の保険料は、保険金の支出に当てられる純保険料と保険会社の事務費に充てられる付加保険料に大別でき、両者を合計したものを営業保険料といい保険契約者が支払う保険料の額となっている。(国税庁

医療保険に加入した契約者が支払う保険料は、純保険料と付加保険料から成ります。

2016-0723-insurance-fee-02

純保険料は保険金の原資となる

純保険料とは保険料のうち保険金の支払に充てられる部分 (金融庁

2016-0723-insurance-fee-03

純保険料はわかり易いですね。保険金や給付金の財源として保険会社が運用・保管する部分です。

保障内容が同じ保険では、純保険料はほぼ同じ水準になります。

付加保険料は保険会社や代理店で働く人の給料原資となる

付加保険料は少々ややこしく感じられるかもしれません。

付加保険料(予定事業費)とは保険料のうち保険事業の運営に充てられる部分であり、予定新契約費と予定維持費で構成される。 (金融庁

「付加保険料(率)」とは、保険会社が保険事業を営むための費用に相当する部分です。(損害保険料率算出機構

要するに保険の契約・集金・維持管理に必要な費用が付加保険料なんです。

ところで、契約・集金・維持管理をしているのは、保険会社やその取引先(保険代理店など)の社員ですよね。

ですから、付加保険料の大部分は、保険会社やその取引先(代理店等)で働く人の給料原資ということになります。

2016-0723-insurance-fee-04

契約者全体としては、付加保険料の分だけ損をする

ここまでで、契約者が支払った保険料から、付加保険料(保険会社従業員などの給料)が差し引かれた残りが、純保険料(保険金や給付金の支払い原資)となることが分かりました。

契約者全体としては、付加保険料の分だけ損失を被ることになります。

2016-0723-insurance-fee-05

保険は損をするものであり、損失分が保険会社や代理店で働く人の給料原資となっているのです。

「パチンコは損をするものであり、損失分がパチンコ産業従事者の給料原資となっている」というのと同じですね。

保険料全体に占める付加保険料の割合は2割近くに達する

ところで、保険料全体に対する付加保険料の割合はどれくらいでしょうか。

一部保険会社は、保険料のうち純保険料の占める部分と付加保険料の占める部分を開示していますので、そこから調べてみましょう

ライフネット生命の終身医療保険「新じぶんへの保険」エコノミーコース(入院給付金日額10,000円コース)に40歳女性が加入した場合、保険料の内訳は以下の通りになります。

費目 金額(円)
月額保険料総額 3,614 100
純保険料 2,895 80.10
付加保険料 719 19.90

付加保険料の割合は2割弱ですね。

ちなみに、ライフネット生命は通信販売に軸足を置いた会社ですから、付加保険料は少なめです。

営業職員や保険代理店を多数使って対面販売に力を入れている生命保険会社では、付加保険料の割合は2割などでは済みません。もっと大きくなります。

終身医療保険に加入して得をするのはレアケース

付加保険料が存在する以上、医療保険に加入するのは、確率論的には損です。

ライフネット生命の終身医療保険「新じぶんへの保険」エコノミーコース(入院給付金日額10,000円コース)に40歳女性が加入した場合で考えましょう。

厚生労働省による平成26年簡易生命表を見ると、40歳女性の平均余命は47.55年(570.6カ月)となっています。

40歳女性が87.55歳まで生きるものと仮定して、生涯で支払う保険料総額、純保険料総額、付加保険料総額をそれぞれ求めてみました。

生涯合計 金額(円)
保険料 2,062,148 100
純保険料 1,651,887 80.10
付加保険料 410,261 19.90

死ぬまでに支払う保険料の総額は200万円を超えます。

死ぬまでに受け取る給付金や保険金の合計がこの金額を超えない限り、医療保険への加入は損失となります。

支払限度日数は1回の入院につき60日
(中略)
入院を2回以上した場合には、入院理由にかかわらず、1回の入院とみなします。
ただし、退院日の翌日からその日を含めて180日を経過した後に開始した入院については、新たな入院とみなします。(終身医療保険「新じぶんへの保険」 保障内容 | 生命保険・医療保険のライフネット生命

入院給付金の支払い条件にこのようなものがついている以上、医療保険に加入して得になるケースはレアケースとなります。

純保険料の全てが保険金の支払いに充当されるわけではない

ところで、保険金や給付金の支払い原資とされている純保険料ですが、実はこれもすべてが保険金や給付金の支払いに回されるわけではありません。

純保険料は実際の保険金支払いに必要な金額より多めに設定される

確かに、純保険料は保険金・給付金の支払い原資ですが、実際に支払われる保険金・給付金よりも多めに設定されます。

2016-0723-insurance-fee-08

万一保険金の支払い原資が不足すれば保険会社は経営危機に陥るため、保険会社としては余裕が欲しいのです。

例えば、ライフネット生命の終身医療保険「新じぶんへの保険」エコノミーコースに40歳女性が加入する場合、契約者一人が生涯で払う純保険料は約165万円となります。

言い換えると、ライフネット生命は、契約者一人当たり約165万円を保険金支払い原資として確保していることになります。

しかし、実際に支払われる保険金や給付金の合計は、これをかなり下回ることになるでしょう。

余った部分は保険会社の利益となり、契約者から見れば損失となる

保険金や給付金の実際の支払額は、純保険料(保険金支払い財源)として確保された金額よりも少なくなります。この差額も、保険会社の利益(危険差益)となり、契約者から見れば損失となります。

2016-0723-insurance-fee-09

保険金・給付金以外の受給も含めた保険会社からの受給額総合計すら、純保険料を下回るのが普通です。

このように、医療保険に加入した場合の損失は、付加保険料を上回るものになります。

ライフネット生命の終身医療保険「新じぶんへの保険」エコノミーコースに40歳女性が加入する場合でも、契約者一人当たりの損失は支払い保険料総額の2割を超えるでしょう。

それでも、ライフネット生命は通信販売に軸足を置いた会社ですから、契約者の損失は比較的少なめです。

営業職員や保険代理店を多数使って対面販売に力を入れている生命保険会社の医療保険に加入すると、契約者の損失はもっと膨らめみます。

保険会社で商品設計などに関わっている複数の保険数理人に確認したところ、「医療保険」の保険料から、入院給付金などとして加入者に還元されるおカネの割合は、70%くらいと見込まれるそうです。(生命保険は、あまりにも「手数料」が高すぎる | 保険 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

医療保険は損だけど、それでも敢えて入った方がいい場合がある。

ここまで「医療保険は損だ」という話を延々としてきました。

でも「保険に絶対入るな」と言いたいのではありません。

保険はそもそも損を覚悟で加入するものです。

「不幸による支出の急増で家計が破たんするリスクがあるのに資金融通の当てはない」という場合に、支払える程度の損を確定させて破綻を確実に防ぐためにやむなく使うのが保険です。

不幸によって支出が急増しても家計破たんの心配がないほどの資産・収入・後援者があるなら、確率的に損となる保険に加入する意味がありません。

掛捨ての保険は損と引き換えに破たんを確実に防ぐために使う

元々、十分な資産や収入があって、破たんリスクがない場合は、保険を使う意味がありません。

また、逆に、損を支払う余裕が全くない場合も、保険を利用することはできません。

ウェブシュフ
ある程度の資産はあるけれど、不幸に見舞われて資産を失うと家計の破たんが考えられる

こういう場合に、支払える程度の大損と引き換えに破たんを確実に防ぐのが保険です。

保険に入ると損!純保険料と付加保険料を見れば明らか」への4件のフィードバック

  1. agent

    「付加保険料=保険会社社員の給料の原資など」、「付加保険料=契約者の損失」というのは誤りですよ。

    正しくは「付加保険料=純保険料を超える割増の部分」です。また、「生命保険の原価=各種保険金、給付金、返戻金、契約者配当などの合計(支払いそのもの)」です。

    このようなことは、「専門家」であるアクチュアリーでないと正確なことは説明できません。FPがにわか仕込みの知識を振りかざして「解説」すると間違いを拡散するだけですから、業界人にとっても消費者にとっても大変迷惑です。

    1. ウェブシュフ 投稿作成者

      agent様、コメントありがとうございます。

      色々とご指摘頂き有難うございます。ご指摘の点について回答申し上げます。

      まず、私としては、「付加保険料=保険会社社員の給料の原資など」を言葉の定義として使ったものではありません。純保険料を超える割増の部分が保険会社社員の給料原資となるのは事実かと思うので、この部分の修正の必要を感じません。

      また、「付加保険料=契約者の損失」というのも、言葉の定義として用いたわけではありません。通常、契約者に対する支払総額は純保険料を超えませんから、付加保険料は契約者の損失の一部を構成することになります。契約者の損失に関して説明する過程で一時的に「付加保険料=契約者の損失」とすることに問題はないと考えます。

      最後に「生命保険の原価=各種保険金、給付金、返戻金、契約者配当などの合計(支払いそのもの)」とのご指摘ですが、おっしゃる通りかと思います。これにヒントを得て本文に追記しました。

      当ブログでは、保険についてざっくりとした説明をしておりますが、明らかな間違いなど問題点があれば、どしどし指摘下さいますと有り難いです。

      また、保険契約による契約者の損失について、agent様ご自身から、より詳細でわかり易くかつ正確な情報発信をしていただけましたら、有り難いと思います(^^♪

      今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m

  2. ウェブシュフ 投稿作成者

    Agentさん、ご無沙汰です。当記事とは全く趣旨の異なる記事「医療保険不要論者を「病気で苦しむ人を見たことがない」と断ずる人は嘘つき同然」に対して、Agentさんが書き込まれたスパムコメントに対してお答えします。

    内容から言って、当記事のコメント欄に書くべき内容ですよね。

    まずはAgentさんが書き込んだスパムコメントから紹介します。

    ***********
    人のことをうそつき同然と罵倒する前に、ご自身がまき散らしている「付加保険料=契約者の損失。保険のコスト」などというでたらめをどうお考えかな?

    付加保険料は単なる「割り増し」でしかないのだが?しかもこれは「専門家」である保険数理人がPDFで公開しているぞ?あなたはそれを検索したことがあるのかな?検索しても自身の「主張」に沿わないから無視をしたのでしょうか?

    そもそも保険のコストは一介のFPが知ったようなことを書いて得意げになれるほど単純なものではありませんよ^^
    ***********

    ではAgentさんにお答えします。

    *********
    金融庁による付加保険料の定義は以下の通りです。

    付加保険料(予定事業費)とは保険料のうち保険事業の運営に充てられる部分であり、予定新契約費と予定維持費で構成される。(金融庁

    金融庁の定義によれば、付加保険料を保険のコストとして説明していますよね(^^♪ 付加保険料を保険のコストとして説明することを出鱈目だと切り捨てるAgentさんの批判は、的外れですよ。

    アクチュアリーの方をはじめ専門家にも、付加保険料を保険のコストとして説明している方が多いです。

    保険事業を運営していくために必要な経費等に充てる部分(平成21年5月22日、上田泰史さん(日本アクチュアリー会正会員))

    付加保険料 保険事業の運営に必要な経費(新契約の募集、保険料の収納、保険金の支払事務や契約管理事務等)に充てる予定の部分(平成21年7月4日社団法人 日本アクチュアリー会事務局長 辻 芳彦さん

    一方、付加保険料を「保険料のうち純保険料を超える割増の部分」と定義し、付加保険料についてこれ以外の説明を認めないとの立場に立つ方は、私が確認したところごく少数です。

    だから、国として出した結論が、以下のようになったのではないですか。

    付加保険料(予定事業費)とは保険料のうち保険事業の運営に充てられる部分であり、予定新契約費と予定維持費で構成される。(金融庁

    いずれにしろ、付加保険料を保険のコストとして説明することを出鱈目だと切り捨てるAgentさんの批判は、的外れです。

    ごく少数の専門家が唱えているに過ぎない論を根拠に、国や多数の専門家が行った言葉の定義を「でたらめ」などと軽々しく否定するものではないと思いますよ。それはもう暴言に等しいでしょう。

  3. ウェブシュフ 投稿作成者

    以下、Agentさんからの批判について、異なる側面からも反論します。

    Agentさんは「私の記事内容がでたらめ」と主張されています。その根拠を、付加保険料についての私の説明が定義と異なっている点にお求めです。

    しかし、定義と異なる説明がなされたことをもって、「でたらめ」というレッテルを貼るのは短絡的です。

    例えば、三角形の定義は「3本の線分で囲まれている形」ですが、「三角形は内角の和が180度である多角形」という定義と異なる説明をしても、ユークリッド幾何学の範囲では何の問題もないですよね。

    ある言葉についての説明がでたらめかどうかを判断する際に重要なのは、定義通りの説明であるかどうかではなく、定義から論理的に導くことができる内容であるかどうかでしょう。

    当記事の内容は、付加保険料の定義が「純保険料を超える割増の部分」であったとしても、そこから論理的に導ける内容です。

    Agent さんのご批判は的外れなものと言わざるを得ません。

    Agentさんが私の記事内容をでたらめだというなら、論理的に破たんしている個所を論理的に指摘するべきです。

    それもなしに「でたらめ」などという言葉を投げつけるなら、確たる根拠もなく私の評価を下げる行為であって、許されるものではないでしょう。

コメントは停止中です。