クレジットカード払いの仕訳

更新

ブロガー・アフィリエイターのための確定申告シリーズ第13回です。

前回の記事はこちら

今回はクレジットカードについてです。

クレジットカードは、事業用の経費を支払うのにも便利です。

明細が残るので青色申告の際にも非常に助かります。

しかし、いざ仕訳となると少々迷うケースが多いです。専門家でも人によって意見が違うようです。

以下、私が行っている処理をご紹介します。

クレジットカードはすべて家計用とみなす

クレジットカードはすべて家計用として扱うと処理が楽になります。

ちなみに私は、たった一枚のクレジットカード(rexカード)を、スーパーの買い物にも事業経費の支払いにも使っています。

それで全く問題が起きていません。

クレジットカード払いの流れ

クレジットカードを利用した支払いを図示すると以下のようになります。
2016-02-19_1348

  1. クレジットカード会社が支払先へ立替払いをしてくれる
  2. 所定の期日に、立て替えてもらった金額を、銀行引き落としの形で、クレジットカード会社に後払いする

このような2段階払いになっています。

クレジットカード払いの仕訳の日付

支払いが2段階になっているため、クレジットカードで支払ったものを仕訳するとき、どの段階で仕訳をすればいいか迷います。

  • ①の段階で仕訳するのか
  • ②の段階で仕訳するのか
  • ①②ともに仕訳するのか

正解は一体どれでしょう。

答えはすべて正解です。しかし経理処理が最も楽なのは「②の段階で仕訳する」です。

つまり、クレジットカード払いの仕訳の日付は、カード代金引落日です。

銀行口座から現金が出て行った段階で仕訳するので分かりやすいです。

経費の支払い仕訳を、現金支払のタイミングで行ってもよい理由は、以前の記事で書きました。

クレジットカード絡みの仕訳も、現金支払いのタイミングで処理します。

  • クレジットカード会社が支払先へ立替払いした段階(①)では何も仕訳をしない
  • 銀行口座からクレジットカード利用代金が引き落とされた日(②)に仕訳する

銀行口座からのクレジットカード利用代金が引き落とされた時の仕訳

銀行通帳に以下の記載があれば、ジャックス発行のクレジットカード利用代金の引落しであることはわかりますよね。

私の場合はrexカードの利用料金引落しになります。

日付 振替文言 お支払い お預かり 摘要
1/27 約定振替 119,087 ジャックス

この銀行口座が、家計口座であるときには、クレジットカード利用代金の引き落としについては仕訳をしなくていいです。

クレジットカードはすべて家計用とみなすので、その利用代金も家計支出です。家計支出を家計口座から支払ったときは、仕訳の必要はありません。

一方、この銀行口座が事業用口座であるときは、仕訳が必要です。家計支出を事業口座から払うので、事業主貸を使って以下のように仕訳します。

日付 借方 金額 貸方 金額 摘要
1/27 事業主貸 119,087 預金 119,087 rexカード利用料金

カード利用代金のうち、経費支払いに対応する部分の仕訳

さて、カードを家計支出のためだけに使っていれば、これ以上仕訳をする必要もないのですが、私の場合はカードで事業の経費を支払っているので、その部分を修正する仕訳が必要です。

カードは家計用とみなすので、カードで事業用の経費を支払うのは、事業主借に該当します。

1/27引き落とし分のrex cardの明細から、事業主借として仕訳が必要なものをピックアップしてみます。

2016-02-19_1604

背景が白の行は、事業に無関係な家計支出なので、仕訳の必要がありません。

背景が黄色の行は、全部または一部が事業経費となる支出です。事業主借として修正仕訳が必要です。仕訳の日付はカード利用代金の銀行引き落としの日です。

以下のように仕訳しました。

2016-02-19_1623

amazonへの支払いは全額経費です。

au、伊賀上野CATV、中部電力への支払いは、一部を事業経費、一部を家計支出とするべきものです。年末に家事按分することになります。

最後に

国税庁は、少額な未払・前払を処理せずに、現金主義によって仕訳することを容認しています。

しかし、どういうわけか、クレジットカードによる経費支出の処理だけは、未払処理をするように主張する人が多いようです。

私は未払処理など必要ないと確信しているのですが、そういう人は少数派と言わざるを得ません。

心配な方は未払処理をしてください。でも面倒ですよ。


次回からいよいよ青色申告帳簿作りの解説に入ります。まずは一番最初の作業である開始仕訳についてです。

クレジットカード払いの仕訳」への4件のフィードバック

  1. 杉山

    ウェブ主夫様

    初めまして!大変わかりやすく見やすいサイトで感動いたしました。

    数あるサイトの中で一番わかりやすく、納得できる内容でした。
    ありがとうございます。

    そこで一つ質問なのですが、(初歩的なことで申し訳ありません。)
    クレジットカードは現金主義で計上するとのことですが、

    上記の記事の中で
    【カード利用代金のうち、経費支払いに対応する部分の仕訳】
    の部分で

    歳をまたぐ経費(去年の経費)も
    1月に仕訳していますが、現金主義の観点から行くと
    去年の経費も今年の経費にしてしまって良いということなんですか?

    大変お忙しい事と思いますが、もしお手すきの時があれば
    よろしくお願いいたします。

    ありがとうございます。

    それでも今年の経費として

    返信
    1. ウェブシュフ 投稿作成者

      杉山様

      コメントありがとうございます。

      税務署作成の「青色申告の手引き」の「未払経費」の記述をみると…

      未払経費

      本年中に実際に支払った経費だけでなく、例えば、本年分の地代家賃などで未払のものは、未払経費として本年分の必要経費になります。
      ※ 少額な経費については、未払の整理をしないで、実際に支払った金額だけを必要経費にしても差し支えありません。

      とあります。

      去年支払ったものは去年の経費、今年支払ったものは今年の経費、として扱っていいということですよね。

      ですから、去年発生した経費でも、今年支払ったなら今年の経費として処理するようにしています。

      もちろん、未払いの処理をするのが原則ですので、そうしておけば万全です。

      なお「少額」の解釈ですが、税務署は30万円未満の減価償却資産を「少額減価償却資産」としているので、30万円未満の経費は未払いで計上しても問題ないと判断しています。

      最後に、以上は私の解釈であって税務署に確認したりはしていませんので、その点はご了承願います。

      返信
  2. 主婦ブロガー

    はじめての確定申告に向けて四苦八苦している主婦ブロガーです。
    ウェブ主夫さまの記事がとても役立ち助かっています。
    そこで質問なのですが、妻が個人事業主(ブロガー)の場合、家賃光熱費をはじめ、サーバー代などの必要経費はすべて主人のクレジットカード(私名義の主人の家族カード)で決済し、引き落としもすべて主人の口座です。この場合も、名義が違えど主人のクレジットカードと銀行口座を家計専用として、こちらの記事にある通りに仕訳すればいいのでしょうか?
    アドバイスいただければ幸いです。

    返信
    1. ウェブシュフ 投稿作成者

      主夫ブロガーさん、コメントありがとうございます。

      私の経費は、妻名義のクレジットカード(私名義の妻の家族カード)で経費を全て決済し、クレジットカード代金は妻の銀行口座から引き落とされています。

      妻名義のクレジットカード(私名義の妻の家族カード)‥家計用
      妻の銀行口座‥家計口座

      として、この記事に書いた通りに仕訳しています。カードも講座も家計用なので「事業主貸」を使う仕訳はしません。

      経費に関係するクレカ払いの取引についてのみ、事業主借を使う仕訳をする感じです。

      参考になりましたら幸いです。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です