医療保険って本当に必要ですか?我が家が不要と結論付けるまでに考えた事・調べたことまとめ

更新

数年前に我が家で保険を見直したとき、医療保険を大幅に削減することになりました。

その後も考えれば考えるほど、我が家にとって医療保険の必要性はとても低いものだと思えてきました。

2017年、我が家は医療保険から卒業しますが、その結論を出すまでの道のりをまとめてみました。

もちろん、医療保険の必要性はそれぞれのご家庭のライフプランや価値観次第で変わってくる話です。

医療保険に加入しないという我が家の結論は、絶対的な正解ではありません。

あくまで一つの事例として我が家の判断をご活用いただき、医療保険に対して後悔のない決断をしていただければ嬉しいです。

色々な状況別に医療保険の必要性を検討した結果、どのケースでも一般的な医療保険は必要ないとの結論が出た

医療保険の保障の代表的なものは入院給付金です。1入院あたりの支払限度日数が60日となっているものが一般的ですよね。

そこで、私や妻が入院した場合のシミュレーションを行って、入院給付金の一入院支払限度日数が60日である一般的な医療保険の必要性を考えました。

まずは妻が公務員(公立学校教師)で夫が主夫(自営業)という我が家の状況に合わせてシミュレーションしてみました。

シミュレーションの結果

ウェブシュフ妻
保険診療しか受けないなら我が家には医療保険はいらないね。

と結論が出ました。

しかしこの状況はずっと続くわけではありません。今の状況だけを想定して医療保険が必要かどうかを決めるわけには行きません。

我が家の今後に関係ありそうなケースについても、医療保険の必要性を考えてみました。

検討の結果、これらのケースについても

ウェブシュフ
保険診療しか受けないなら我が家には医療保険はいらない。

との結論が出ました。

その他、我が家に生じる可能性の薄そうなケースについても考えてみました。

いずれも

ウェブシュフ妻
保険診療しか受けないなら我が家には医療保険はいらないね。

と言う結論が出ました。

結局、入院給付金の一入院支払限度日数が60日である一般的な医療保険に対する我が家のスタンスは、

ウェブシュフ
保険診療しか受けないなら医療保険はいらない。

というところに落ち着きました。

以下、このような結論を出すのに考えたこと・調べたことを、まとめていきます。

医療保険について検討する前に健康保険(公的医療保険)の保障内容についてよく調べた

民間保険会社の医療保険は、健康保険などの公的医療保険の保障では足りない部分を補うものですから、公的医療保険の保障内容を頭に入れて検討しないといけません。

公的医療保険の保障内容についてはかなり調べました。

特に高額療養費制度はよく知っておくべき

健康保険や国民健康保険の保障内容で特に重要なのが高額療養費制度です。

医療費の自己負担額が際限なく膨らまないようにしてくれるありがたい制度です。

この制度があるため、日本国民である限り、民間保険会社の医療保険に入る必要性は大幅に下がります。

高額療養費制度の概略については、教師にとって医療保険が必要かどうかを考えた次の記事で触れました。

残念ながら高額療養費制度は自己負担額の上限を引き上げる方向で改正されますが、それでもまだまだ十分にパワフルです。

さらなる詳細にについては以下の記事にまとめましたが、少々難しいです。

医療保険の要不要を判断するだけなら、詳細まで知らなくても大丈夫です。読み飛ばしてもらっても構いません。

医療保険について検討するにあたり、入院に関するデータをよく調べました。

医療保険は入院医療費に備えるための保険です。

医療保険の必要性を検討するなら、入院費用について知らないと始まりません。いろいろ調べました。

入院に関して調べるうちに、

ウェブシュフ
何年も入院したらさすがに医療費が心配だ。
ウェブシュフ妻
長期入院を保障してくれる医療保険があればいいなあ

と夫婦して思いましたが、3年を超える長期入院を保障してくれる医療保険は、どこ探してもありませんでした。

我が家は今は医療保険が不要だと考えていますが、長期入院をしっかり保障してくれる医療保険が出たなら加入を真剣に検討します。

特に差額ベッドについては細かく調べました

入院について調べるにあたって、差額ベッドについて勉強することは特に重要でした。

差額ベッドへの対処で入院費用が大きく違ってくるからです。

差額ベッドについて調べた結果、我が家は差額ベッドを利用しないことにしました。

差額ベッド料金は病院ごとに水準が違いすぎるため、差額ベッドを使う前提では入院シミュレーションがしにくいんですよね。

これでは入院に対して備えにくいので、いっそのこと利用しないことにしました。

そもそも保険は大損するということは常に頭に入れておきたい

医療保険に限りませんが、そもそも保険というものは加入者全体としては大損するようになっています。

一入院支払限度日数という仕組みによって、助けてほしいときに助けてもらえないようになっている

医療保険の入院給付金には、一入院支払限度日数という給付制限の仕組みがあります。

これが曲者なんです。

長期入院や入退院の繰り返しを余儀なくされて本当に助けてほしいときには、医療保険は助けてくれないようになっています。

これも医療保険への加入が大損となりやすくなる要素です。

老後の医療費が心配で終身医療保険に加入すると、さらに大損するかも‥

医療保険には損につながる落とし穴がまだあります。特に終身医療保険の加入を検討するなら、そのデメリットに目を向けるべきです。

終身医療保険は一生涯保障が続くので魅力的かもしれませんが、その裏側にはデメリットがあります。

ちなみに我が家は、もし医療保険を利用することになるなら、終身タイプではなく定期タイプにすると決めています。

その他いろいろ医療保険について調べました。

その他、医療保険の加入を検討するにあたっては、いろいろと調べました。皆さんが医療保険について検討する一助になれば幸いです。

我が家は、けがや病気に対して、就業不能保険で備えています。

我が家は、一般的な医療保険は不要だとの立場に立ちますが、万一のけがや病気に対して保険で備えることを全否定するわけではありません。

我が家は、けがや病気に対して、医療保険ではなく就業不能保険で備えているだけなのです。

現役世代が入院することによる家計へのダメージの大半は、医療費によるものではなく、働けないことによる収入減によるものです。

現役世代がけがや病気に備えるなら、医療保険ではなく就業不能保険が適しています。