生命保険はいくら必要か?我が家はこう計算しました

更新

妻は公立学校の教師、公務員世帯の家計を預かる主夫FPの@web_shufuです。

生命保険が必要かどうか、保険金をいくらにするかというのは、我が家でもとても悩みました。

我が家では、結婚直後に、妻にだけ4000万円の生命保険を掛けました。今もそのままです。

なぜこうなったかを書きますので、生命保険の必要性・必要保障額について判断をされる方は、是非とも参考にしてください。

結婚直後わりと安直に妻に4000万円の生命保険を掛けた

結婚直後は生命保険について悩んだものの、最後は安直に4000万円の保険金を妻にかけることにしました。

私は不安定な自営業者、妻が安定した公務員(公立学校教師)なので、妻が我が家の大黒柱です。

ウェブシュフ妻
ウェブシュフに生命保険を掛ける必要はないよね

妻にだけ生命保険を掛けることについては、早々に夫婦で一致しました。

問題は保険金額でしたが、どうすれば良いかよく分かりませんでした。

結局、妻が結婚前から加入していた教職員互助会のグループ生命保険を継続し、保険金を上限一杯まで引き上げました。

その上限が4000万円だったわけです。今から思えばかなり適当です。

数年前に改めて真剣に生命保険について検討したが4000万円のままでいいと判断した

結婚当時は保険金の額を適当に決めてしまったので、数年前に生命保険を見直しに着手しました。

FP試験の勉強で得た知識などを利用して真剣に考えたのですが、結局…

ウェブシュフ
保険金を4000万円にして大正解!!

だったんですよね。

まずは夫婦二人とも長生きする前提でライフプランを立て、生命保険見直しのたたき台とした

公務員に生命保険は必要?
専業主婦(主夫)に生命保険は必要?

こんなことばかり考えていても、生命保険をどうするかを判断することはできません。

生命保険に入るのは、夫婦の片方が亡くなった時に発生する金銭的な損失を埋め合わせるためです。

この損失を計算しないと、生命保険がいくらい必要かは分かりません。計算にはライフプランが必要です。

家族の誰かが亡くなった場合のライフプランをいきなり立てるのは難しいですから、まずは夫婦二人とも想定通り長生きした場合のライフプランを立てましょう。

我が家の保険の見直しでも一番最初にライフプランを作りました。

老後の年金の試算は重要。便利なサイトを利用しよう

ライフプランの作成で特に重要なのが、老後の年金(老齢基礎年金、老齢厚生年金)の試算です。試算に便利なサイトを利用しましょう。

ライフプラン表に記入する収入金額は額面総額ではなく手取りです。これも計算が必要です。

難しく感じたら専門家と相談しながら試算しましょう。

退職金の試算も重要だけど、便利なサイトはない。

ライフプラン作成には退職金の試算も重要です。しかし退職金試算サイトはありません。職場の退職金規定を元に試算しましょう。

ライフプラン表に記入する収入金額は、額面総額ではなく手取りです。税金の知識が必要です。

計算が大変なら、専門家の助力を得ながら試算しましょう。

次に、ライフプランをもとに、妻に先立たれた場合の生涯収支の変化を計算した

ライフプランを作った後、妻が亡くなった場合のシミュレーションを行いました。

妻に先立たれる年を、来年、再来年、3年後…というように1年刻みで変えて、それぞれについて自分の生涯収支を計算し直したわけです。

生涯収支の計算をすると、妻がいつ先立つかで家計の受けるダメージが大きく変わることが分かります。

生涯収支を計算するには以下の金額を把握しないといけません。

  • 妻死亡時に支給される退職金
  • 相続手続きの後、手元に残る資産
  • 妻没後に支給される遺族年金(遺族基礎年金、遺族厚生年金)
  • 妻没後の生活費

ひとつずつ見ていきます。

妻死亡時に支給される退職金の試算

公務員を含むサラリーマンが死亡した場合、職場では死亡退職として扱われます。

退職金が支給されるケースも多いので、事前に金額を試算しておきましょう。

私も退職金の試算をしました。妻がなくなる年を1年刻みで変動させて、対応する金額を試算したので、結構大変でした。

相続手続きや葬儀の後、手元に残る遺産額を把握

妻に先立たれると葬式を行って相続税を支払う必要があります。遺産がその分少なくなります。

子供がいない場合は妻の親や兄弟に遺産を分配しないといけないこともあります。

このあたりのことを事前に試算して対策しておかないと、妻に先立たれた後の生活が大変になります。

私も遺産額を試算しました。妻がなくなる年を1年刻みで変動させて対応する金額をそれぞれ試算したので疲れました。

妻没後に支給される遺族年金(遺族基礎年金、遺族厚生年金)の額を把握

妻没後に頼りになるのは遺族年金です。

調べた結果、私は遺族基礎年金は貰えません。私が55歳になるまでに妻に先立たれると、遺族厚生年金も貰えません。

55歳になってから妻が先立たれた場合には遺族厚生年金がもらえます。

妻がなくなる年を1年刻みで変動させてそ、れぞれに対応する年金額を試算しました。面倒でした。。。

妻没後の生活費を把握する

妻に先立たれた後の生活費は、現在の家計簿から試算しました。

次のようなどんぶり勘定は論外です。

家計簿がない場合でも、銀行通帳やクレジットカードの明細から、おおよその生活費を算出しましょう。

我が家は、私が55歳になるまでは妻に4000万円の生命保険を掛け続けることにした

妻を亡くした時に55歳未満である夫は遺族厚生年金がもらえないため、妻がいつ先立つかで夫の生涯収支が大きく変わります。我が家もそうです。

ライフプランをを基にして、妻が先立った場合における私の生涯収支を計算すると、一目瞭然でした。

私が102歳まで生きるとすれば、私が54歳の時に妻に先立たれた場合の私の生涯収入は、私が55歳の時に妻に先立たれた場合と比べて約4000万円も減ってしまいます

ウェブシュフ妻
我が家ではこの4000万円を埋め合わせるために、
ウェブシュフ
私が55歳になるまでは妻に4000万円の生命保険を掛け続けることにしました。

結婚直後にわりと安直な考えで妻に4000万円の生命保険を掛けた我が家ですが、その判断は偶然にもイイ線を行っていたわけです。

ただ、改めて生命保険について真剣に考えた結果、4000万円もの保険金かけるのは私が55歳になるまでにすべきこともわかりました。

ウェブシュフ
55歳以降は保険金を大幅に減額するか解約します。

生命保険を見直してみて良かったです。

しかし、私にもっと資産があって安定した収入が見込めるなら、生命保険を掛けずに済む

妻に4000万円の生命保険を掛けるために我が家が支払っている保険料は、年間約8万円となります。

ウェブシュフ妻
まあ、ウェブシュフがもっと稼げれば、保険は要らないけどね。

妻の言う通りなので、1年でも早く妻に生命保険を掛けなくともよくなるよう、努力したいと思います。

生命保険の選び方についての我が家のスタンス

生命保険が必要となれば生命保険商品を選ばないといけません。

生命保険なんて世の中にたくさんありますから選ぶのも大変です。

自分なりの基準を持たないとどうにもなりません。

我が家では、生命保険について改めて真剣に考えてみて、保険の選び方についてもポリシーが出来てきました。

参考までにご紹介します。

生命保険は「必要な期間、必要な金額で」、安易に終身生命保険を選んではダメ

生命保険が必要になった時は、「保険金が何円必要なのか」に目が行きがちですが、いつまで必要なのかも大事です。

我が家は妻に4000万円の生命保険を掛けましたが、それが必要なのは私が55歳になるまでです。

私たち夫婦は、結婚当時、いつまで保険を掛けるかについて全く考えていなかったです。

不要になった保険にいつまでも加入していると保険料の無駄遣いですから「いつまでいくらの生命保険に入る」という考え方をするべきです。

そうなると、終身保険は不向きで、定期保険を選ぶべきだということになります。

一般の保険商品よりも団体保険を優先

保険を選ぶなら団体保険から検討するのが鉄則です。

団体保険とは勤務先が従業員向けに福利厚生として用意してくれている保険です。

多くの場合、保険期間1年の定期保険で、掛け捨てです。

団体定期保険には特定の団体(ある会社の従業員など)に所属している人だけが加入するため、新規加入者の募集や加入者への連絡などのコストが少なくて済みます。

団体定期保険の保険料は、その分安くなることが多いのです。

我が家が保険について検討し直した際、保険ショップをいくつも利用して一般保険商品を物色しましたが、結局は妻の職場のグループ保険を継続することに収まりました。

団体保険は一般保険よりコスパに優れていると言っていいでしょう。

ただ団体定期保険の品ぞろえは豊富ではありません。

欲しい保険がない時は一般の保険商品から探しましょう。

貯蓄型の生命保険に入るときは、保険会社選びも大事

私としては一切勧める気はありませんが、貯蓄型の生命保険が好きな方もいますよね。

我が家では妻が興味津々でした。

保険に元本保証っぽい雰囲気の貯蓄が期待できるとなれば、安定志向の公務員にとって垂涎の的です。

しかし妻も最終的には保険に貯蓄機能を求めなくなりました。

保険会社が倒産すると、貯蓄型の生命保険の保険金が大きく削られることを話したからです。

そういうわけで、我が家では貯蓄目的で貯蓄型の生命保険に入ることはありません。

しかし、相続対策などで将来そういった保険に入る可能性もあります。

どうしても貯蓄型の保険に入るなら、倒産しにくい保険会社の保険を選びたいです。

それを見究めるにはソルベンシーマージン比率に注目しなければいけません。

貯蓄型保険への加入を考える方は是非参考にしてみてください。

最後に

生命保険の必要性を判断するには社会保険や税金の知識が不可欠です.

知識が足りない部分については、専門家の助けを借りて判断するべきです。

ただ、生命保険は人生で2番目に大きな買い物です。

完全に人任せにしてしまうのはやめましょう。

専門家の助けを借りても、最後の結論を出すのはあくまでも自分です。

自分の人生なんですから。