保険は保障目的のギャンブル。確率や期待値を考慮したい

更新

ウェブシュフ
保険はギャンブルだ。
と言うと、

保険はギャンブルじゃない(怒)
などと、結構一生懸命に否定する方がいます。保険を売っている方に多い印象です。

しかし、保険には、不確実性によってお金の出入りが左右されるギャンブル性があります。

「一山当ててやろう」と考えて保険に入る人はいないと思いますが、保険を合理的に検討するなら、ギャンブル性を頭に入れる必要があります。

統計を調べて確率や期待値も考慮したうえで、保険の必要性を判断するのは当然です。

人生における負けを埋め合わせる分だけ勝つよう設計されたギャンブルが保険

保険にはギャンブル性がありますが、ルーレットやサイコロ賭博などの単なるギャンブルとは違うところがあります。

それは、現実の人生で負けたとき(不幸が起きた時)にだけ、勝つようになっていることです。

保険というギャンブルの勝ち分である保険金で、人生というギャンブルで負けて発生した金銭的損失を埋め合わせるように設計されています。

これが保険の保障機能です。

保障機能はギャンブル性を上手に利用したものなので、保険にギャンブル性がなければ機能しません。

よく考えずに保険を掛けると単なるギャンブルになる

人生というギャンブルで負けた分をちょうど埋め合わせるように設計することで、ギャンブルは初めて保険と言えるようになります。

よく考えずに設計された保険は単なるギャンブルです 。

人生の負け分(不幸)を大きく上回って大勝ちをしたり、人生の負け分を埋め合わせるには到底足りない保険金しか得られなかったりします。

うまく設計されていない保険は、ルーレットやサイコロ賭博と同じ単なるギャンブルです。

合理的に保険をかけるには、不幸が起きる確率と損害額の把握が欠かせない

人生における負けを埋め合わせる分だけ勝つには、不幸が起きた時の損害を合理的に計算する必要があります

そのためには、

ウェブシュフ妻
不幸がどれくらいの確率で起きて、その時にはどの程度の金銭的損失が発生するか

を、ある程度細かいところまで調べる必要があります。

例えば、医療保険への加入を検討するなら、入院日数別に入院確率を調べて、入院日数別に入院費用その他の経済的損失を計算しておくことが必要です。

保険金は入院時の損失に見合う分だけ掛けるものです。不足しすぎても過剰になりすぎてもいけません。

というわけで、最近は入院に関するデータを改めて見直しています。

保険はリスクマネジメントなので、コストも気にしなければならない

ところで、保険はリスクマネジメントの一手段です。

リスク・マネジメントとは不測の損害を最小の費用で効果的に処理するための 経営管理手法(神戸大学 鈴木武志助教

保険を検討するなら コストも気にしないといけません。

全保険期間にわたって支払う保険料の総額をもって、コストと考えてもいいかも知れません。

受け取れる保険金の期待値もコスト計算の一部

しかし、保険金を受け取れる可能性がある以上、保険料総額から保険金の期待値を差し引いたものをコストと考えるべきだと思います。

このコストを考えると、

という結論が出ます。

もちろん、保険を損得だけで考えるのは浅はかです。

保険に加入するとキャッシュフローの期待値では損になるのですが、損と引き換えに家計の破たんを確実に防ぐことができるなら、悪くないですよね。

もっとも、保険よりも損が少なくて済むリスクマネジメントの手段があるなら、そちらが優先されるべきです。

保険加入を検討する場面では、保険はギャンブルの一つと考えた方が合理的だと思うんですよね。

色々言いましたが、保険は不確実性に対するリスクマネジメントですから、要不要を判断するのに確率論は不可欠です。

ところが一部の方はそうは考えないのです。

統計から確率や期待値を計算して、保険の必要性を判断する材料とすると、

確率論を誤って使った(怒)

と言う方がいらっしゃいます。私の観測範囲では、一部保険募集人の方に限られ、大体「保険がギャンブルだ」を必死に否定される方と一致しますけどね。

とりあえず、私自身は、そのような考え方の保険募集人から、保険商品についての話を聞きたいとは思いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です