高額療養費の対象となるのは保険診療の医療費のみ

更新

高額療養費が適用されるのは保険診療の対象で自己負担が3割以下ものだけです。

病院に支払うお金のうち、以下のものは高額療養費の適用外となります。

病気や症状は高額療養費とは関係ない

某男性
がんで高額療養費制度による医療費の返還が受けられるのか

某男性
歯科矯正はどうか

某男性
リウマチは?

などと、高額療養費制度を症例ごとに関連付けて考える方がいらっしゃいますが、これらは一切関係ありません。

高額療養費の対象になるかどうかは、その医療費が公的医療保険の支払い対象であるかどうかだけで決まります。

たとえば、最先端のがん治療法は、公的医療保険の支払い対象ではないので、高額療養費の対象でもありません。

しかし、がん治療でも、オーソドックスな治療法であれば公的医療保険の支払い対象ですので、高額療養費の対象になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です