お名前.comでのドメイン取得と設定作業【WordPressの始め方③】

サーバーを契約したら、次はドメインの取得です。ドメインを取得してしまえば、自分だけのドメインでブログやサイトを運営するまであと一歩です。

ドメインとは?

ドメインというのは、URLの一部です。今閲覧しているサイトのURLはインターネットエクスプローラーであれば、以下の赤枠の部分に表示されています。

そのうち「http://」とその後最初に出てくる「/」の間にある部分がドメインです。
上の図で言えば、webshufu.comがドメインです。

このドメインは、「(好きな文字列).(決められた文字列パターン)」の形で構成されています。

webshufu.comで言えば、webshufuが好きな文字列、comは決められている文字列です。

好きな文字列の部分は自分で決めてドメイン管理業者に申し込みます。同じ文字列を先に利用している人がいない限り、自分の申請どおりになります。

ドメインはお名前.comで買うのがオススメ

ところで、ドメインを手に入れるには、ドメイン管理業者から買わないといけません。

ドメイン管理業者は沢山あります。

なかでも、セールの回数も多く国内最安値水準なのがお名前.com

私も大抵お名前.comでドメインを取ります。

以下、お名前.comでドメインを取る前提で、手続きを説明します。

申し込み手続き

まず、トップページの「ドメイン」タブにカーソルを動かします。

すると、以下のような画面になるので、「これからドメインを選択される方」をクリックします。

続いて、下記画面で「申し込み」をクリック。

ドメイン選び

すると、ドメイン検索画面になります。

検索窓に「好きな文字列」を打ち込んで検索ボタンを押しましょう。
2014-02-08_2220

すると「決められた文字列」のパターンごとに、申請可能かどうかを表示してくれます。

好きなものを1つ選んで「登録画面に進む」をクリック。
2014-02-08_2224

「Whiois情報公開代行」と、「初めて利用します」にチェックを入れて「次に進む」をクリック。
2014-02-08_2229

契約者情報入力

すると、契約者情報を入力する画面が出るので、必須のところは全て入力。入力後、画面最下部の緑色のボタン「次に進む」をクリック。
2014-02-08_2230

支払い方法選択・規約確認

申し込み内容を確認して少し下スクロール。
2014-02-08_2235

支払い方法を選択し、支払情報を入力して、少し下スクロール。
2014-02-08_2236

規約を確認し、「上記に同意し、上記内容を申請します。」にチェックを入れて「申し込む」ボタンをクリック。
2014-02-08_2238

申し込み完了

こんな画面になって
2014-02-08_2238_001

こうなったら申し込み完了です。
2014-02-08_2246

ドメインNaviにログイン

申し込みが完了すると[お名前ID]が記されたメールがお名前.comから届きます。

お名前.comに行って、右上の「ログイン」をクリックしてください。

少し下にスクロールすると、ログインフォームが現れます。

ドメインNaviを選択して、[お名前ID]とパスワードを入力してログインしてください。

ネームサーバー設定

ログインしたら、今取得したドメインのネームサーバーの欄をクリックしてください。

「ネームサーバー情報変更というページ」に移ります。下にスクロールすると、以下のような欄が出ます。

「他のネームサーバーを利用」にチェックを入れて、赤枠内に、サーバーの指示通りのネームサーバー情報を記入します。

エックスサーバーの場合は、「Xserver サーバアカウント設定完了のお知らせ」というメールに、

ネームサーバー1: ○○.xserver.jp( ‥.‥.‥.‥ )
ネームサーバー2: ○○.xserver.jp( ‥.‥.‥.‥ )
ネームサーバー3: ○○.xserver.jp( ‥.‥.‥.‥ )
ネームサーバー4: ○○.xserver.jp( ‥.‥.‥.‥ )
ネームサーバー5: ○○.xserver.jp( ‥.‥.‥.‥ )

という感じで指示が出ていますのでその通りに。
2014-02-09_0818

入力が完了したら、一番下までスクロールして「確認画面へ進む」ボタンをクリック。

さらに次の場面で「設定する」をクリック。

これでネームサーバーの設定まで完了しました。

あとはサーバーに戻って、少し頑張れば独自ドメインでWordPressが始められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">