wordpressのfeedから特定categoryに属する投稿を除外

更新


幅広くいろんなジャンルを扱うブログを運営していると、時々「このカテゴゴリーはRSSとかツイッターに流したくないなー」と思うことがあります。

そんな時、wordpressのフィードはとても便利。

ちょっとしたパラメーターをくっつけるだけで、特定のカテゴリーの記事をフィードから除外できます。

  1. はじめに
  2. まずは、普通のfeedのURLについて
  3. 特定カテゴリーの投稿のみ配信
  4. 複数カテゴリーのいずれかに属する投稿を配信
  5. 除外カテゴリーの設定
  6. 複数カテゴリーを除外

はじめに

(注)以下の内容は、当ブログ(http://webshufu.com/)にてrss2でフィードを配信する前提で書いたものです。

またfeedURLは「http://webshufu.com/?~」の形式のみを書いています。

パーマリンク設定によっては、別のURLにリダイレクトされて、アドレスバーに表示されたURLが異なるものになる場合があります。

また、feedの内容をわかりやすく確認するには、google chrome ではなく、firefoxやinternet explorerで閲覧したほうがいいです。

まずは、普通のfeedについて

まず、ワードプレスのfeedのURLは以下の通りです。

特定カテゴリーの投稿のみ配信

ワードプレスのfeedは、特定のカテゴリーに属する投稿のみを配信することが出来ます。そのfeedのURLは以下の通りです。

  • http://webshufu.com/?feed=rss2&cat=(カテゴリーID)

たとえば、このブログ「ウェブシュフ」には、「ワードプレス」カテゴリー(slug:wordpress、カテゴリーID:7)がありますが、このカテゴリーに属する投稿のみを配信するfeedのURLは以下の通りです。

複数カテゴリーのいずれかに属する投稿を配信

ワードプレスのfeedは、指定した複数カテゴリーのいずれかに属する投稿を配信することが出来ます。

これは「,(カンマ)」をエンコードした「%2C」で、複数のカテゴリーIDを連結することで可能になります。

  • http://webshufu.com/?feed=rss2&cat=(カテゴリーID)%2C(カテゴリーID)%2C(カテゴリーID)・・・%2C(カテゴリーID)

たとえば、このブログ「ウェブシュフ」で、「web制作ツール」カテゴリー(slug:web、カテゴリーID:6)と「ワードプレス」カテゴリー(slug:wordpress、カテゴリーID:7)のいずれかに属する投稿を配信するfeedのURLは以下の通りです。

除外カテゴリーの設定

ワードプレスのfeedは、特定のあるカテゴリーに属する投稿を除外して表示することが出来ます。

これは、カテゴリーIDの前に「-(マイナス)」をつけることで可能になります。

  • http://webshufu.com/?feed=rss2&cat=-(カテゴリーID)

たとえば、「ワードプレス」カテゴリー(slug:wordpress、カテゴリーID:7)に属する投稿を除外したfeedは、以下の通りになります。

複数カテゴリーを除外

ワードプレスのfeedは、指定した複数カテゴリーのいずれかに属する投稿を除外して表示することが出来ます。

  • http://webshufu.com/feed/?cat=-(カテゴリーID)%2C-(カテゴリーID)%2C-(カテゴリーID)・・・%2C-(カテゴリーID)

たとえば、「web制作ツール」カテゴリー(slug:web、カテゴリーID:6)と「ワードプレス」カテゴリー(slug:wordpress、カテゴリーID:7)のいずれかに属する投稿を除外したfeedは、以下の通りになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です