WordPressのイベントカレンダープラグイン8個まとめ~個人的には「Event Organiser」がベスト

更新

2014-02-22_1155

悪友が「WordPressにイベントカレンダーを付けたい」というのでプラグインを必死に物色しました。@web_shufuです。しかし悪友は結局導入を見送り、「俺の時間返せ」という気分なので物色の成果を記事にします。

一番のお気に入りは「Event Organiser」

いくつか試しましたが一番のお気に入りは「Event Organiser」です。

インストール

まず、WordPress管理画面左サイドバー「プラグイン」⇒「新規追加」で検索窓に「Event Organiser」と打ち込み「検索」をクリック。

「Event Organiser」が当然一番上に現れるのでインストール・有効化。

イベントページ作成

すると左サイドバーに「Event」と言うカスタム投稿タイプのタブが現れるのでクリック。
2014-02-22_1040

新規追加をクリックして早速イベントページを作成します。
2014-02-22_1106

通常の投稿と同じようにイベントのタイトルと説明文を入力しますが、これで終わりではありません。下スクロールして…
2014-02-22_1114

「Event Details」を編集します。Start Date/TimeとEnd Date/Timeはクリックだけで入力できます。
2014-02-22_1120
2014-02-22_1121

Reoccurenceは繰り返し・反復に関する設定をドロップダウンメニューから選びます。
2014-02-22_1121_001
例えば「Monthly」を選ぶと、繰り返しのパターンについて詳細に設定できます。下の図では、「2020年3月8日まで毎月第2土曜日に開催」という設定になっています。
2014-02-22_1123
Reoccurenceの次はVenueで場所の設定をしましょう。「+」をクリックすると…
2014-02-22_1127
住所の詳細を入力できる画面が出ます。
2014-02-22_1129
もう少し下スクロールするとGoogle Mapが表示されていることが分かります。
2014-02-22_1130
あとは上スクロールしてページトップに戻り、「公開」ボタンを押せば、イベントの編集は終了です。

Calendar view でカレンダーの概略をチェック

左サイドバーの「Calendar view」を押すと、カレンダーが出現します。これはあくまでも編集者向けですが、閲覧者にも似たような見た目のカレンダーが表示されます。
2014-02-22_1134
カレンダーの書く日付マスをクリックすると、単発のイベントを追加するフォームが開きます。

投稿・固定ページへのイベントカレンダーの埋め込み

投稿・固定ページへイベントカレンダーを埋め込むにはショートコードを利用します。

  • [eo_calendar]でウィジェットタイプのカレンダー
  • [eo_fullcalendar]でCalendar view とそっくりなカレンダー

を表示します。

投稿の編集画面に以下のように書き込むと、
2014-02-22_1153

実際の表示はこのようになります。矢印のアイコンをクリックすると、先月・来月のカレンダーに飛べます。イベントをクリックすると…
2014-02-22_1155
イベントページに飛びます。
2014-02-22_1156

イベントカレンダーウィジェット

「Event Organiser」で作ったイベントカレンダーはウィジェットとしても使えます。管理画面左サイドバーで「外観」⇒「ウィジェット」と進むと、以下のような画面になります。「Event Calendar」と「Event:event」を「メインサイドバー」に動かすと(使用テーマはTwenty Twelve)…
2014-02-22_1201

サイドバーにイベントカレンダーとイベントリストが表示されます。
2014-02-22_1202

「Event Organiser」の詳細

WP Simple Booking Calendar

次に、カレンダー形式で営業日と休みの日を表示できるプラグイン「WP Simple Booking Calendar」を紹介します。
2014-02-21_1105
「Event Organiser」の導入を「難しそう」と見送った私の悪友すら、これは「簡単そう!!」と導入したので多分超簡単。

インストール

WordPress管理画面左サイドバーから「プラグイン」⇒「新規追加」と進んで検索窓に「Wp Simple Booking Calendar」と打ち込みます。

「プラグインの検索」ボタンを押すと、先頭に「WP Simple Booking Calendar」 が出てきます。

「今すぐインストール」をクリックして、インストール・有効化してください。

すると、管理画面左サイドバーの最下部に近いところに、「Wp Simple Booking Calendar」タブが出現しますのでクリック。
2014-02-21_0845

カレンダーの編集

次の画面で「Add New」をクリック。
2014-02-21_0846
①カレンダーのタイトルを入力してください(悪友の場合は「営業日と定休日」としました)。②そして各日付のプルダウンメニューを操作し、色付けを行います([Free]などの英語はとりあえず無視していいです。悪友の場合は営業日を緑、休業日をピンクにしました)。
2014-02-21_0855

日付ごとの色づけをしながら一番下までスクロール
2014-02-21_0858

「Save Changes」をプッシュ。
2014-02-21_0859

投稿や固定ページにカレンダーを埋め込む

「Save Changes」を押した後すぐに表示される画面の注意書きで、投稿や固定ページにカレンダーを配置する場合はショートコードで行うことがわかります。

  • 投稿や固定ページの本文に[sbc title=”yes”]と書けばタイトルつきでカレンダーが埋め込まれます。
  • [sbc title=”no”]ならタイトル無しでカレンダーのみ埋め込まれます。

2014-02-21_1036

ウィジェットを利用してサイドバーやフッターにも表示できる

また、カレンダーはウィジェットに追加することも出来ます。管理画面左サイドバーで「外観」⇒「ウィジェット」と進むと、以下のような画面になるので、「Wp Simple Booking Calendar」を表示したい部位にドラッグ&ドロップします。

2014-02-21_0917

悪友の場合は、カレンダーの下にテキストウィジェットをつけて、カレンダーの説明をしました。

2014-02-21_1042

実際の表示

下の図は、カレンダーを、固定ページの本文と、サイドバーウィジェットに表示しています。

2014-02-21_1046

実際使うならサイドバーだけで充分です。

これでもお店の休みと営業日は充分わかりやすく伝わるのではないでしょうか。

3種類の色分け表示でいろんなことが伝えられる

悪友の場合は

  • 営業日(緑)
  • 時間短縮営業(橙)
  • 休業日(ピンク)

のように色分けを利用しましたが、

  • 空室あり(緑)
  • 空室僅か(橙)
  • 満室(ピンク)

とか色々使えそうです。

もちろん、こういうのは自動化したいシステムではありますが、事情があって手動で対応せざるをえないとき、「WP Simple Booking Calendar」はとても使いやすいです。

初心者に優しい

悪友のリクエストに応えてWP Simple Booking Calendarを導入してあげたら、辛うじてログイン・ログアウトが出来るレベルであった悪友の妻が問題なく使えてます。

なにしろ、3つしかないドロップダウンメニューから適宜選択する作業を繰り返すだけで、営業日と休業日を表示するカレンダーが出来てしまいますから。

WP Simple Booking Calendarは、WordPressに慣れない人でも楽勝で使えるカレンダープラグインです。

その他のイベントカレンダープラグイン

私のお気に入りは「Event Organiser」ですが、WordPressのイベントカレンダープラグインは、他にもたくさんあります。

いろんな方がいろんなプラグインを記事で紹介しているので、自分にあったものを使うとよいと思います。

All-in-One Event Calendar

数日間にわたるイベントの表示などに効果がありそうです。

イベントカテゴリーやイベントタグでイベントを分類することが出来ます。

参考記事:WordPressのカレンダープラグイン「All-in-One Event Calendar」がいいかも。 | Webworker’s Clip

Biz Calendar

営業日や休日を表示するカレンダーとしては一番人気かも。ウィジェットとしてとても簡単に設置できます。

休業日の指定方法が充実しています。

  • 曜日で休業日を指定
  • 祝日を自動的に休業日に設定
  • その他パターンからずれた臨時休業日を個別に設定可能

参考記事:営業・定休日カレンダー設置 / WPプラグイン「Biz Calendar」 | 楽々WordPressプラグイン

Sugar Events Calendar Lite for WordPress

使い方が一番簡単です。その分機能的に多少制限がありますが、時々あるイベントを告知するくらいならこれで充分。

参考記事:とてもシンプルなイベントカレンダープラグイン / Sugar Events Calendar Lite for WordPress | WordPress(ワードプレス)とプラグイン

My Calendar


「毎週水曜日」などの条件で反復するイベントを指定できます。見た目のカスタマイズも比較的楽です。

参考記事:カレンダー「My Calendar」 – WordPressでセラピストさんのホームページ作成

The Events Calendar


Google Mapとの連携が素晴らしいイベントカレンダーです。

カスタマイズ性もまずまず。

参考記事:The Events Calendar 使用方法 解説! | 岐阜・羽島 パソコン教室Pasonal

Ajax Event Calendar


参考記事:Ajax Event Calendar イベントカレンダーを記事に掲載できるWordPressプラグイン | ネタワン

WordPressのイベントカレンダープラグイン8個まとめ~個人的には「Event Organiser」がベスト」への7件のフィードバック

  1. ピンバック: WordPressのイベントカレンダー表示プラグイン Event Organiser がシンプルで便利 | ほぼ日刊へろへろ管理人日記

  2. ピンバック: ヨホ研、サーバー移転&リニューアル2015! | ヨホホ研究所

  3. ピンバック: WordPressのカレンダー系プラグイン8個。色分けして営業日やイベント告知。予約受付できるやつも。

  4. ピンバック: Contact Form 7 をいじりたい。 - チーム パラ・ファミリー

  5. ピンバック: 水戸周辺イベント情報 | イベント

  6. ピンバック: カレンダーのプラグイン | 工作室

  7. ピンバック: WordPress カレンダー系プラグイン – My Tips and Quotes

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です