電子タバコで禁煙?それってタバコより体に悪いかも

更新

タバコ吸う手

禁煙パッチでタバコをやめたウェブシュフです。電子タバコに手を出さなくて正解だったようです。なんと、最近の研究では、電子タバコが本物のタバコ以上に有害である可能性が指摘されているのです。

以下、タバコと電子タバコの有害性を比較してみます。

  1. ニコチン比較
  2. 急性呼吸器疾患の恐れ
  3. 他の発がん物質
  4. 結論

1.ニコチン比較

電子タバコのカートリッジの中には、本物のタバコに比べればごくごく少量のニコチンを含む液体が入っています。

電子タバコを吸っている人は、この液体が加熱されて気体になったものを吸います。

したがって、ニコチンに注目した場合、電子タバコでは禁煙したとは到底言えず、せいぜい「すごく軽いタバコに代えた」くらいの効果しかありません。

2.急性呼吸器疾患の恐れ

ところで、電子タバコでは、本物のタバコに比べてニコチンやタールを大幅に減らす代わりに、ある物質を使っています。

それがpropylene glycolです。カートリッジの内容物の9割以上を占めます。

ところがこのPropylene glycolが急性呼吸器疾患を引き起こすというのです。

このPropylene glycolはタバコにはほとんど含まれていませんから、この点では電子タバコのほうがタバコより有害だといえます。

3.他の発がん物質

また、電子タバコからは、ニコチン・タール以外の発がん物質も検出されています。

もちろん本物のタバコと比べれば少量なのですが、全く安全というわけではありません。

この点では、電子タバコには禁煙とは程遠い効果しかなく、軽いタバコにスイッチした程度の気休めに過ぎないといえます。

結論

上記1と3については、本物のタバコのほうが電子タバコに比べてより有害であるといえます。

一方2については、電子タバコのほうが本物のタバコより圧倒的に有害です。

この結果から言えることは、「現段階で電子タバコが本物のタバコよりは体にいい」なんてとてもいえないということです。

体のためを思うなら、電子タバコも本物のタバコもやめないといけません。

Special Thanks

参照:E-cigarettes 'can cause more harm than smoking,' experts say | Mail Online

写真:allegro Takahi

電子タバコで禁煙?それってタバコより体に悪いかも」への6件のフィードバック

  1. なかの

    1.ニコチンなしのものもあります。同じ味でも、ニコチンの濃度を選べ、ゼロにもできます。
    2,PGではなくVGを使ったものも多くあります。(最近は両方用意しているところが多い。同じ味でPG.VG値段同じ)
    3,これに関しては出店を示してもらわないとなんとも言えません。体に悪い!というだけなら誰にでもできます。

    返信
  2. fxlezard

    電子タバコが体に悪いとそんなに言うならコンビニ弁当や食品添加物(赤飯)すら食べれないでしょうね
    比較対象するならタバコも書くとよいとおもう

    返信
    1. ウェブシュフ 投稿作成者

      コメント有難うございます。この記事は異論は承知で私の意見を書いたまでです。

      なお、付き合い等でやむをえない場合を除き、外食・中食はしない派です。

      返信
  3. さぁ

    非難は良いと思いますが、数値が無いので定量的では無いですね。 主観が多い印象を強く受けます

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です