糖質に注意してマーボ茄子

更新

マーボ茄子
麻婆茄子に限らず、市販の「~の素」的な調味料を使うと、糖質こってりになりがちです。

野菜に含まれる糖質まで気にするとほとんど何も食べられないので気にしませんが、調味料の糖質は抑えたいところです。

ちょっと手間ですが、「~の素」を使わずに、マーボナスを作りました。

材料(5人分)

なす
5~6本
にんじん
1/2本
たまねぎ
1個
ピーマン
2個
にんにく
1かけ
しょうが
適量
豚挽き肉
300g
青ねぎ
適量
ラカントS
小さじ1
醤油
大さじ3
味噌
大さじ1
料理酒
大さじ1
鶏がらスープの素
小さじ1
塩コショウ
適量
七味唐辛子
適量
ごま油
適量
片栗粉
適量
100cc

下ごしらえ

なすは、ヘタをとり縦に2等分し、それぞれに縦に4本切れ込みを入れます。

にんじん・ピーマンは細切り、玉ねぎ・にんにくはみじん切り、しょうがはすりおろします。

ねぎは薬味用と同じようなきり方でいいです。

水と片栗粉を除く調味料類は混ぜ合わせておいてください。

料理手順

1.茄子をいためます。

フライパンにたっぷりの油を注ぎ弱火でいためます。はじめは包丁で切断して平らになった面を下にしておいてください。

焼き色がついたら裏返してください。

いため終わったら、いったん皿に出しておいてください。

2.にんじん・ピーマンを炒める

なすを皿に出した後、にんじんとピーマンをいためます。

これは、さっと炒める感じでいいです。

炒めたら、にんじんとピーマンも、茄子を載せている皿に出します。

3.にんにく・ひき肉・ためねぎをいためる

まず、フライパンを傾け、少量の油でにんにくを揚げます。

焦げないうちに豚挽き肉を投入して、にんにくとよく混ぜ合わせます。

ひき肉に火が通ったら、玉ねぎを投入。

仕上げ

玉ねぎに日が通ったら、あわせておいた調味料類を一気に投入し、5~6分間煮ます。

その後、先に炒めておいた茄子などの野菜類を投入し、よくからめます。

ここで味を見て、適宜醤油や水を加えて味を調整してください。

最後に水溶き片栗粉を入れてよくかき混ぜます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です